新約聖書『マルコによる福音書』 (37本)

キリストへの時間のトップページに戻る

新約聖書『マルコによる福音書』 (37本)

マルコによる福音書の章、節の順に並んでいます。引用箇所が同じ場合は放送日の古い順で表示されます。

マルコによる福音書1章2~4節預言者イザヤの書にこう書いてある。 「見よ、わたしはあなたより先に使者を遣わし、 あなたの道を準備させよう。 荒れ野で叫ぶ者の声がする。 『主の道を整え、 その道筋をまっすぐにせよ。』」 そのとおり、4洗礼者ヨハネが荒れ野に現れて、罪の赦しを得させるために悔い改めの洗礼を宣べ伝えた。
吉田謙 千里摂理教会 牧師

荒れ野で叫ぶ声

講師
吉田謙
所属
千里摂理教会 牧師
放送
2016年12月04日
マルコによる福音書1章9節そのころ、イエスはガリラヤのナザレから来て、ヨルダン川でヨハネから洗礼を受けられた。
吉田謙 千里摂理教会 牧師

炊き出しの列に並ぶキリスト

講師
吉田謙
所属
千里摂理教会 牧師
放送
2012年12月02日
マルコによる福音書1章14~15節ヨハネが捕らえられた後、イエスはガリラヤへ行き、神の福音を宣べ伝えて、「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」と言われた。
藤井真  牧師(休職中)

喜びの音色

講師
藤井真
所属
牧師(休職中)
放送
2009年9月27日
マルコによる福音書1章15節「時は満ち、神の国は近づいた。」
赤石めぐみ 伊丹教会 教会員

『アドヴェント・カレンダー』

講師
赤石めぐみ
所属
伊丹教会 教会員
放送
2011年12月18日
マルコによる福音書1章21~28節一行はカファルナウムに着いた。イエスは、安息日に会堂に入って教え始められた。人々はその教えに非常に驚いた。律法学者のようにではなく、権威ある者としてお教えになったからである。そのとき、この会堂に汚れた霊に取りつかれた男がいて叫んだ。「ナザレのイエス、かまわないでくれ。我々を滅ぼしに来たのか。正体は分かっている。神の聖者だ。」イエスが、「黙れ。この人から出て行け」とお叱りになると、汚れた霊はその人にけいれんを起こさせ、大声をあげて出て行った。「これはいったいどういうことなのだ。権威ある新しい教えだ。この人が汚れた霊に命じると、その言うことを聴く。」イエスの評判は、たちまちガリラヤ地方の隅々にま…
袴田清子 灘教会 会員

汚れた霊を追い出された神の子イエス

講師
袴田清子
所属
灘教会 会員
放送
2013年11月17日
マルコによる福音書1章40~45節さて、重い皮膚病を患っている人が、イエスのところに来て、ひざまずいて願い、「御心ならば、わたしを清くすることがおできになります」と言った。イエスが深く憐れんで、手を差し伸べてその人に触れ、「よろしい。清くなれ」と言われると、たちまち重い皮膚病は去り、その人は清くなった。
袴田清子 灘教会 会員

重い皮膚病を癒やされた神の子イエス

講師
袴田清子
所属
灘教会 会員
放送
2013年11月24日
マルコによる福音書2章1~12節イエスが御言葉を語っておられると、四人の男が中風の人を運んで来た。しかし、群衆に阻まれて、イエスのもとに連れて行くことができなかったので、イエスがおられる辺りの屋根をはがして穴をあけ、病人の寝ている床をつり降ろした。イエスはその人たちの信仰を見て、中風の人に、「子よ、あなたの罪は赦された」と言われた。
袴田清子 灘教会 会員

あなたの罪は赦される

講師
袴田清子
所属
灘教会 会員
放送
2015年7月19日
マルコによる福音書2章3~4節四人の男が中風の人を運んで来た。しかし、群衆に阻まれて、イエスのもとに連れて行くことができなかったので、イエスがおられる辺りの屋根をはがして穴をあけ、病人の寝ている床をつり降ろした。
宮﨑契一  牧師(休職中)

ただ、イエスのもとへ

講師
宮﨑契一
所属
牧師(休職中)
放送
2009年7月12日
マルコによる福音書2章13~17節ファリサイ派の律法学者は、イエスが罪人や徴税人と一緒に食事をされるのを見て、弟子たちに、「どうして彼は徴税人や罪人と一緒に食事をするのか」と言った。 イエスはこれを聞いて言われた。「医者を必要とするのは、丈夫な人ではなく病人である。わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである。」
袴田清子 灘教会 会員

罪人を招いておられる神

講師
袴田清子
所属
灘教会 会員
放送
2015年7月26日
マルコによる福音書2章17節イエスはこれを聞いて言われた。「医者を必要とするのは、丈夫な人ではなく病人である。わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである。
八尋孝一 日本キリスト教会西宮中央教会 会員

わたしを変えた聖書の言葉

講師
八尋孝一
所属
日本キリスト教会西宮中央教会 会員
放送
2013年4月21日
マルコによる福音書3章1~5節イエスはまた会堂にお入りになった。そこに片手の萎えた人がいた。人々はイエスを訴えようと思って、安息日にこの人の病気をいやされるかどうか、注目していた。イエスは手の萎えた人に、「真ん中に立ちなさい」と言われた。そして人々にこう言われた。「安息日に律法で許されているのは、善を行うことか、悪を行うことか。命を救うことか、殺すことか。」彼らは黙っていた。そこで、イエスは怒って人々を見回し、彼らのかたくなな心を悲しみながら、その人に、「手を伸ばしなさい」と言われた。伸ばすと、手は元どおりになった。
吉田謙 千里摂理教会 牧師

安息日の癒し

講師
吉田謙
所属
千里摂理教会 牧師
放送
2017年5月14日
マルコによる福音書4章2~8節イエスはたとえでいろいろと教えられ、その中で次のように言われた。よく聞きなさい。種を蒔く人が種蒔きに出て行った。蒔いている間に、ある種は道端に落ち、鳥が来て食べてしまった。ほかの種は、石だらけで土の少ない所に落ち、そこは土が浅いのですぐ芽を出した。しかし、日が昇ると焼けて、根がないために枯れてしまった。ほかの種は茨の中に落ちた。すると茨が伸びて覆いふさいだので、実を結ばなかった。また、ほかの種は良い土地に落ち、芽生え、育って実を結び、あるものは30倍、あるものは60倍、あるものは100倍にもなった。
吉田謙 千里摂理教会 牧師

種を蒔く人のたとえ

講師
吉田謙
所属
千里摂理教会 牧師
放送
2013年3月10日
マルコによる福音書4章24~25節また、彼らに言われた。「何を聞いているかに注意しなさい。あなたがたは自分の量る秤で量り与えられ、更にたくさん与えられる。25 持っている人は更に与えられ、持っていない人は持っているものまでも取り上げられる。」
吉田謙 千里摂理教会 牧師

自分の秤を捨てよう

講師
吉田謙
所属
千里摂理教会 牧師
放送
2013年7月07日
マルコによる福音書4章39節イエスは起き上がって、風を叱り、湖に、「黙れ。静まれ」と言われた。すると、風はやみ、すっかり凪になった。
川瀬弓弦・エダ 恵泉教会 牧師夫妻

試みの中へ

講師
川瀬弓弦・エダ
所属
恵泉教会 牧師夫妻
放送
2018年11月18日
マルコによる福音書4章41節弟子たちは非常に恐れて、「いったい、この方はどなたなのだろう。風や湖さえも従うではないか」と互いに言った。
川瀬弓弦・エダ 恵泉教会 牧師夫妻

このお方は一体!?

講師
川瀬弓弦・エダ
所属
恵泉教会 牧師夫妻
放送
2018年11月25日
マルコによる福音書5章33~34節女は自分の身に起こったことを知って恐ろしくなり、震えながら進み出てひれ伏し、すべてをありのまま話した。イエスは言われた。「娘よ、あなたの信仰があなたを救った。安心して行きなさい。もうその病気にかからず、元気に暮らしなさい。」
後藤公子 高蔵寺教会 元インドネシア宣教師

あなたの信仰があなたを救った

講師
後藤公子
所属
高蔵寺教会 元インドネシア宣教師
放送
2013年6月16日
マルコによる福音書6章34節イエスは舟から上がり、大勢の群衆を見て、飼い主のいない羊のような有様を深く憐れみ、いろいろと教え始められた。
吉田実 神戸長田教会 牧師

主イエスの憐れみ

講師
吉田実
所属
神戸長田教会 牧師
放送
2014年7月06日
マルコによる福音書6章39~41節そこで、イエスは弟子たちに、皆を組に分けて、青草の上に座らせるようにお命じになった。人々は、百人、五十人ずつまとまって腰を下ろした。イエスは五つのパンと二匹の魚を取り、天を仰いで賛美の祈りを唱え、パンを裂いて、弟子たちに渡しては配らせ、二匹の魚も皆に分配された。
山中雄一郎  引退牧師

青草に座って

講師
山中雄一郎
所属
引退牧師
放送
2009年8月02日
マルコによる福音書6章47~48節夕方になると、舟は湖の真ん中に出ていたが、イエスだけは陸地におられた。ところが、逆風のために弟子たちが漕ぎ悩んでいるのを見て、夜が明けるころ、湖の上を歩いて弟子たちのところに行き、そばを通り過ぎようとされた。
山中雄一郎  引退牧師

逆風の時も

講師
山中雄一郎
所属
引退牧師
放送
2009年8月09日
マルコによる福音書6章47~50節夕方になると、舟は湖の真ん中に出ていたが、イエスだけは陸地におられた。ところが、逆風のために弟子たちが漕ぎ悩んでいるのを見て、夜が明けるころ、湖の上を歩いて弟子たちのところに行き、そばを通り過ぎようとされた。弟子たちは、イエスが湖上を歩いておられるのを見て、幽霊だと思い、大声で叫んだ。皆はイエスを見ておびえたのである。しかし、イエスはすぐ彼らと話し始めて、「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない」と言われた。
赤石めぐみ 伊丹教会 教会員

逆風にさいなまれて

講師
赤石めぐみ
所属
伊丹教会 教会員
放送
2012年10月28日
マルコによる福音書7章24~30節イエスはそこを立ち去って、ティルスの地方に行かれた。ある家に入り、だれにも知られたくないと思っておられたが、人々に気づかれてしまった。汚れた霊に取りつかれた幼い娘を持つ女が、すぐにイエスのことを聞きつけ、来てその足もとにひれ伏した。女はギリシャ人でシリア・フェニキアの生まれであったが、娘から悪霊を追い出してくださいと頼んだ。イエスは言われた。「まず、子供たちに十分食べさせなければならない。子供たちのパンを取って、小犬にやってはいけない。」ところが、女は答えて言った。「主よ、しかし、食卓の下の小犬も、子供のパン屑はいただきます。」そこで、イエスは言われた。「それほど言うなら、よろしい。家に帰り…
袴田清子 灘教会 会員

シリア・フェニキアの女の信仰

講師
袴田清子
所属
灘教会 会員
放送
2011年11月20日
マルコによる福音書7章31~37節それからまた、イエスはティルスの地方を去り、シドンを経てデカポリス地方を通り抜け、ガリラヤ湖へやって来られた。人々は耳が聞こえず舌の回らない人を連れて来て、その上に手を置いてくださるようにと願った。そこで、イエスはこの人だけを群衆の中から連れ出し、指をその両耳に差し入れ、それから唾をつけてその舌に触れられた。そして天を仰いで深く息をつき、その人に向かって、「エッファタ」と言われた。これは「開け」という意味である。すると、たちまち耳が開き、舌のもつれが解け、はっきりと話すことができるようになった。イエスは人々に、だれにもこのことを話してはいけない、と口止めをされた。しかし、イエスが口止めをされ…
袴田清子 灘教会 会員

神の深いため息による癒し

講師
袴田清子
所属
灘教会 会員
放送
2011年11月27日
マルコによる福音書8章23~25節イエスは盲人の手を取って、村の外に連れ出し、その目に唾をつけ、両手をその人の上に置いて、「何か見えるか」とお尋ねになった。すると、盲人は見えるようになって、言った。「人が見えます。木のようですが、歩いているのが分かります。」そこで、イエスがもう一度両手をその目に当てられると、よく見えてきていやされ、何でもはっきりと見えるようになった。
袴田清子 灘教会 会員

盲人の目を開けられる主イエス

講師
袴田清子
所属
灘教会 会員
放送
2014年10月19日
マルコによる福音書8章34~35節それから、群衆を弟子たちと共に呼び寄せて言われた。「わたしの後に従いたい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのため、また福音のために命を失う者は、それを救うのである。」
宮﨑契一  牧師(休職中)

自分を捨てて、イエスに従う

講師
宮﨑契一
所属
牧師(休職中)
放送
2009年7月05日
マルコによる福音書8章36節人は、たとえ全世界を手に入れても、自分の命を失ったら、何の得があろうか。
常石召一 大阪教会 牧師

本当の損と得とは

講師
常石召一
所属
大阪教会 牧師
放送
2016年11月20日
マルコによる福音書8章37節自分の命を買い戻すのに、どんな代価を支払えようか。
常石召一 大阪教会 牧師

命の回復のために

講師
常石召一
所属
大阪教会 牧師
放送
2016年11月27日
マルコによる福音書9章23~24節イエスは言われた。「『できれば』と言うか。信じる者には何でもできる。」その子の父親はすぐに叫んだ。「信じます。信仰のないわたしをお助けください。
藤井真  牧師(休職中)

信仰のないわたしでも

講師
藤井真
所属
牧師(休職中)
放送
2008年10月05日
マルコによる福音書10章15~16節「はっきり言っておく。子供のように神の国を受け入れる人でなければ、決してそこに入ることはできない。」そして、子供たちを抱き上げ、手を置いて祝福された。
田村英典 引退教師 引退教師

微笑み

講師
田村英典
所属
引退教師 引退教師
放送
2011年11月06日
マルコによる福音書10章45節人の子は仕えられるためではなく仕えるために、また、多くの人の身代金として自分の命を献げるために来たのである。
吉田実 神戸長田教会 牧師

降りて行く生き方

講師
吉田実
所属
神戸長田教会 牧師
放送
2014年11月09日
マルコによる福音書10章51節イエスは、「何をしてほしいのか」と言われた。盲人は、「先生、目が見えるようになりたいのです」と言った。
山中恵一 神港教会 協力牧師

あなたは何をしてほしいのか

講師
山中恵一
所属
神港教会 協力牧師
放送
2012年3月04日
マルコによる福音書10章51~52節イエスは、「何をしてほしいのか」と言われた。盲人は、「先生、目が見えるようになりたいのです」と言った。そこで、イエスは言われた。「行きなさい。あなたの信仰があなたを救った。」盲人は、すぐ見えるようになり、なお道を進まれるイエスに従った。
袴田清子 灘教会 会員

盲人バルティマイの癒し

講師
袴田清子
所属
灘教会 会員
放送
2014年10月26日
マルコによる福音書13章32,33節その日、その時は、だれも知らない。天使たちも子も知らない。父だけがご存知である。気をつけて、目を覚ましていなさい。その時がいつなのか、あなたがたには分からないからである。
宇野元 芦屋教会 牧師

不安な時代のカール・バルト

講師
宇野元
所属
芦屋教会 牧師
放送
2018年12月02日
マルコによる福音書14章6~8節イエスは言われた。「するままにさせておきなさい。なぜ、この人を困らせるのか。わたしに良いことをしてくれたのだ。・・・この人はできるかぎりのことをした。つまり、前もってわたしの体に香油を注ぎ、埋葬の準備をしてくれた。」
藤井真  牧師(休職中)

あなたの美しさ

講師
藤井真
所属
牧師(休職中)
放送
2009年1月11日
マルコによる福音書14章42節立て、行こう。見よ、わたしを裏切る者が来た。
大場康司 南浦和教会 牧師

生きる勇気立て、行こう

講師
大場康司
所属
南浦和教会 牧師
放送
2009年4月05日
マルコによる福音書15章21節そこへ、アレクサンドロとルフォスとの父でシモンというキレネ人が、田舎から出て来て通りかかったので、兵士たちはイエスの十字架を無理に担がせた。
藤井真  牧師(休職中)

私を変えた十字架

講師
藤井真
所属
牧師(休職中)
放送
2010年5月16日
マルコによる福音書15章34節三時にイエスは大声で叫ばれた。「エロイ、エロイ、レマ、サバクタニ。」これは、「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」という意味である。
宇野元 芦屋教会 牧師

マルテの孤独に

講師
宇野元
所属
芦屋教会 牧師
放送
2018年8月12日
マルコによる福音書15章39節百人隊長がイエスの方を向いて、そばに立っていた。そして、イエスがこのように息を引き取られたのを見て、「本当に、この人は神の子だった」と言った。
赤石めぐみ 伊丹教会 教会員

自転車と聖書の意外な関係①CENTURION

講師
赤石めぐみ
所属
伊丹教会 教会員
放送
2014年1月19日

『マルコによる福音書』とは

マルコは、12弟子の一人であったペトロの通訳者であったという証言があります。
マルコによる福音書は4つある福音書の中で最も短い書で、クリスマスの物語も書かれていません。
しかし、冒頭では、預言者の言葉を引用しながら「時は満ちた。神の国は近づいた」と、短いながらも壮大なスケールで告げます。
そしてマルコの筆は、十字架上で息を引き取られたイエス・キリストの下で、百人隊長が言った「本当に、この人は神の子だった」という言葉へと集中していきます。