重い皮膚病を癒やされた神の子イエス

キリストへの時間のトップページへ戻る

聖書の言葉

さて、重い皮膚病を患っている人が、イエスのところに来て、ひざまずいて願い、「御心ならば、わたしを清くすることがおできになります」と言った。イエスが深く憐れんで、手を差し伸べてその人に触れ、「よろしい。清くなれ」と言われると、たちまち重い皮膚病は去り、その人は清くなった。

新約聖書 マルコによる福音書 1章40~45節

袴田清子によるメッセージ

今日皆様とお分かちしたい聖書の御言葉は、主イエス様が神の福音を宣べ伝え、悪霊を追い出し、病人を癒し、ガリラヤで一通りの宣教活動を行われた後の記事に当たります。

一人の重い皮膚病を患っている人が、主イエスの所に来て、「御心ならば、わたしを清くすることがおできになります」と言って御前にひざまずきます。すると主イエスが深く憐れまれ、手を差し伸べてその病の人に触れ、「わたしの意志だ、清くなれ」と言って、瞬時に病を癒されたという奇跡です。

旧約聖書においてツアーラートと呼ばれるこの病は、恐ろしい悪性の皮膚の病でした。それは神に打たれることを意味しており、この病に掛かった人は神に打たれ、裁きを被ったと見做されていました。

旧約聖書の時代においては、この病になった者は、嘆きの表現である、衣服を引き裂くという行為と共に、口ひげを覆いながら「私は汚れた者です。汚れた者です。」と叫ばなければなりませんでした。掟に従って、宿営の外に一人で住むことが命じられ、聖なる神との交わりの内にある民の間で、共に生活することはゆるされなくなります。

新約の時代、どれぐらいの人がこの病に掛かっていたか、正確なことは分かりません。この病は共同体から追い出されるということでしたので、非常に孤独な思いが、この人を支配していたことでしょう。病の故に社会的にも経済的にも、困窮することになって行ったと思われます。神の民が愛し切望していたエルサレム神殿での礼拝は禁止され、町に買い物に行くことも、困難であったと思われます。

この病の故に、苦しい思いがこの人の心を支配していたことでしょう。またこの病の人達は、神の裁きを受けたという明確な意識を持ったと共に、汚れたという意識を持ったことでしょう。そのような思いから、主イエスの前にひざまずいて懇願し、「御心ならば、私を清くすることがおできになります」と願っているのです。

ここで、この病の人が「御心ならば」と、神の子、主イエスの前に語った言葉は、神様との関係で、神の前に罰を受けた、それ故にこの病に掛かってしまった、という意識があったからです。そしてこの病が神の御心によらなければ癒されないものである、しかし「御心ならば」主イエスには「清くすることがおできになる」。そう信じて主のもとにひざまずいて願っているのです。

主イエスは、その人を「深く憐れんで」手を差し伸べて触れられました。「この深く憐れんで」という、言葉は、内臓という言葉に由来し、愛情や同情といった感情の宿る場所を表す言葉です。

神は私達の罪も汚れも、全て正確に御存知です。そしてそこからくる自分だけに分かる苦々しい感情や恥ずかしさも分かっていてくださいます。そして、神は同時に私達の心の悲しみ、苦しみ、痛みも深く御存知です。

神の子がこの地上を歩まれた時、そのような病に苦しみ蝕まれ、生きも絶え絶えの人の状態に、心の深いところで動かされ、悲しみを受け止めて下さいました。主イエスは手を差し伸べてその人に触れられ、「わたしの意志だ、清くなれ」と言って、この人を病から清められました。

すると、たちまち重い皮膚病が去り、清くなったのです。主イエスの意志が、この人を清くしました。それも「たちまち」清くしたのです。主イエスの意志により、彼を蝕んでいた病が去り、清くなったと記されています。

この重い皮膚病の人の癒しは、正しく神の子、メシア、救い主が来られた時に起こった奇跡でした。その奇跡は神の子の到来の印でした。そして、この神の御子主イエスは、私達の罪が赦され御自身によって救いが成し遂げられるために、私達の身代わりに十字架に掛かって死んで下さいました。

この癒された人は、それほど神が愛して下さっているとは、認識していなかったと思われます。しかし、神は、その独り子と十字架に犠牲にするほどの愛を注いで下さっているのです。

「神は、独り子を世にお遣わしになりました。その方によって、私達が生きるようになるためです。ここに、神の愛がわたしたちの内に示されました。わたしたちが神を愛したのではなく、神が私達を愛して、わたしたちの罪を償ういけにえとして、御子を御遣わしになりました。ここに、愛があります。」

関連する番組