神の深いため息による癒し

キリストへの時間のトップページへ戻る

聖書の言葉

それからまた、イエスはティルスの地方を去り、シドンを経てデカポリス地方を通り抜け、ガリラヤ湖へやって来られた。人々は耳が聞こえず舌の回らない人を連れて来て、その上に手を置いてくださるようにと願った。そこで、イエスはこの人だけを群衆の中から連れ出し、指をその両耳に差し入れ、それから唾をつけてその舌に触れられた。そして天を仰いで深く息をつき、その人に向かって、「エッファタ」と言われた。これは「開け」という意味である。すると、たちまち耳が開き、舌のもつれが解け、はっきりと話すことができるようになった。イエスは人々に、だれにもこのことを話してはいけない、と口止めをされた。しかし、イエスが口止めをされればされるほど、人々はかえってますます言い広めた。そして、すっかり驚いて言った。「この方のなさったことはすべて、すばらしい。耳の聞こえない人を聞こえるようにし、口の利けない人を話せるようにしてくださる。」

新約聖書 マルコによる福音書 7章31~37節

袴田清子によるメッセージ

この箇所はマルコによる福音書にしか現れない奇跡で、神の御子、救い主であられる主イエスが言葉だけによってではなく、その人に触れられて癒されたお話です。

 

ティルス、シドン、デカポリスからガリラヤへと、広い範囲で活動しておられた主イエスは、悪霊を追い出したり、病人を癒したりしながら、神の国について教え、旅をしておられました。

ガリラヤ湖に来られた時、主イエスのところに人々が、耳が聞こえず舌の回らない人を連れて来ました。耳が聞こえないので、明確に話すことができなかったのです。いつからそのような状態だったのでしょう。恐らく長い間そうだったのではないかと思われます。回りの人々は余りにもその人が憐れだったので、わざわざ主イエスのもとに連れて来て、手を置いて下さるように願っています。

この人は、おそらく人生を積極的に生きることはできなかったのではないでしょうか。話したいことがあっても明確に言葉にできない、あるいは言葉が聞こえないので、言葉自体がその人の心の内に浮かばなかったかも知れません。恐らく何とも言えない、この苦しい心の内を誰かに伝え、理解してもらいたいと思っていたことでしょう。しかし話せないのでそれもかなわず、悶々と日々を過ごしていたのではないでしょうか。回りの耳の聞こえる人達とは、生きている世界が異なっていて、精神的も霊的にも心の扉が閉じていたかも知れません。

主イエスは、生きるということが非常に困難であったこの人の感情に対して、とても優しく思いやりを持って接せられます。主イエスはこの人と個人的に向き合われます。二人の間に他の人が割り込むことが無いように、二人で時間を持つことができるように連れ出されます。多くの人の注目と興味本位な関心からも、逃れることのできる場所に主イエスは連れて行ってくださいました。その間、会話はありませんでした。しかし、主イエスは始終この人を愛し関わっておられます。愛の眼差しをもって無言の内に、主イエスはこの人と関わられます。

心から愛している者が傷んでいる時、言葉はでないものなのかもしれません。魂の内でその痛みを感じ、自らの心も深く傷を受けながら呻く。そして魂の底からの言葉にならないため息が出る。私達人間は、愛する者が苦しむ時にはそのようになるのではないでしょうか。

主イエスは、いたわりを持ってこの男性に接せられます。優しくその指を、この人の両耳に入れ、それから唾を御自分の手に付け、その人の舌に触れられました。その当時人々はつばきに癒す力があると信じていました。それから天を仰いで深く息をつき、「エッファタ」と言われました。「開け」という意味です。この深い息は、神の御子、主イエスの天への祈りです。人となられた神の独り子が、父なる神を仰ぎ、この人の病を引き受け、天の父なる神に向かって祈り、とりなしておられるのです。罪人である人間のところにまで謙って、深く同情し、その罪と病を引き受けられた神の御子の姿が見て取れます。そしてそこに神の御子の「癒そう」という御意志が働いていることが分かります。主イエスは命令されます。「エッファタ」。「開け」と言う命令です。世界を創造された時と同じ力によって、神の御子、主イエスはこの命令をなさいました。するとその人の耳は開き、舌のもつれは解けました。そしてはっきりと話せるようになったと記されています。

人々はすっかり驚きました。誰にも話してはいけないと口止めをされればされるほど、人々はこの奇跡を言い広めたと記されています。「この方のなさったことは全て、素晴らしい。耳の聞こえない人を聞こえるようにし、口の利けない人を話せるようにして下さる。」人々は創造主にしかできないこの奇跡を目の当たりにして、主イエスを賛美しています。

 

旧約聖書イザヤ書35章5節に、真の神が来られた時に「見えない人の目が開き、聞こえない人の耳が開く」と預言されています。そしてまさしく2000年前にイエス・キリストが地上を歩まれた時、それは現実のこととなりました。神の御子であるイエス・キリストは、生涯の最後に十字架にお掛かりになられ死なれました。しかし、その死こそ、私達の罪と呪いを引き受けられ、神の御子が人間の最後の問題である死を克服されようとしていた瞬間だったのです。主イエスは、甦り、今も生きて天の父なる神の右の座に座しておられると聖書は教えています。

人間は神の御子イエス・キリストの、深いため息と、権威ある御言葉によって新たに命を吹き込まれ、真に生きる者となる必要があります。聖書の創世記において、神が人の鼻に命の息を吹き入れられて、人が生きる者となったように、今、救い主イエス・キリストを通して、神の命の息を吹き込んでいただくことができます。あなたもこのイエス・キリストに信頼し、命の息を吹き込んでいただきましょう。

関連する番組