あなたの罪は赦される

キリストへの時間のトップページへ戻る

聖書の言葉

イエスが御言葉を語っておられると、四人の男が中風の人を運んで来た。しかし、群衆に阻まれて、イエスのもとに連れて行くことができなかったので、イエスがおられる辺りの屋根をはがして穴をあけ、病人の寝ている床をつり降ろした。イエスはその人たちの信仰を見て、中風の人に、「子よ、あなたの罪は赦された」と言われた。

新約聖書 マルコによる福音書 2章1~12節

袴田清子によるメッセージ

今朝はマルコによる福音書の物語を通して、イエス・キリストが罪を赦す権威をお持ちの御方であることをお伝えしたいと思います。

今朝お読みしました聖書の箇所に、「4人の男」と記されている男性達が出てきます。彼らは力を合わせて、中風、すなわち半身不随もしくは腕や脚が麻痺した人を、主イエスのおられた所に運んで来ました。家までたどり着いたものの、大勢の人が集っていましたので、戸口の辺りまで隙間は全くありません。折角苦労して、そこまでやって来たのに、家に入ることができず、主イエスの元に連れて行くことができませんでした。そこで、この4人の男性は、この家の屋根を剥がして、床ごと中風の人を主イエスの前につり降ろしたのです。非常識のようにも思える、大胆なやり方でしたが、主イエスはそれを、御自身に対する信仰として受け入れておられます。

主イエスが、「その人達の信仰を見て」、すなわちこの4人の男性の信仰を見て、中風の人に「子よ、あなたの罪はゆるされた」と言われたと記されています。主イエスは、4人の男性の信仰のゆえに、中風の人に罪の赦しの宣言をされたのです。この中風の人が主イエスに願ったという事は記されておらず、だた、4人の人達に執り成されて、存在が主イエスの前に置かれたことだけが記されています。そのように主イエスのもとに何が何でも連れて行こうとする4人の行動を、主イエスは御自身に対する信仰と認めて、願いを聞き上げられたのです。私達は改めて、主イエスが執り成しの祈りを聞いて下さる御方であることを確認することができます。

ところで、この男性の問題は体が麻痺していることでした。それゆえ癒して頂くことが主要な願いだったのではないでしょうか。それなのになぜ主イエスは、もっと根本的な課題、すなわち罪の問題に触れておられるのでしょうか。今日の箇所は主イエスが罪を赦す権威をお持ちの御方であることを何にもまして鮮明にしています。

実際、主イエスだけが真の意味で罪を赦すことのできる唯一の御方なのです。そして主イエスの地上に来られた最大の理由が、私達の罪の赦しのためだったのです。

罪は、私達人間の最も深刻な問題です。私達の存在の根本に関わる問題でもあります。この中風の人も、体が麻痺する中で、罪の問題に深く苦しんでいたのではないでしょうか。罪は私達を束縛し、自分自身、そして自分の隣人を傷つけます。罪は全ての問題の根にあるのです。罪こそ私達人間と神様御自身とを隔てている最も大きな壁なのです。

「あなたの罪はゆるされた」と罪の赦しの宣言を賜った時、中風の人は恐らく非常に驚いたのではないでしょうか。この時、近くに神の言葉の学者である律法学者達がいました。そして律法学者達は心の中であれこれと考えました。「なぜ、こういうことを口にするのか。神を冒涜している。神おひとりのほかに、いったいだれが、罪を赦すことができるだろうか。」すると、主イエスは、彼らの思いを御自分の霊の力で見抜き、言われました。「なぜ、そんな考えを心に抱くのか。中風の人に、『あなたの罪は赦される』と言うのと、『起きて床を担いで歩け』と言うのと、どちらが易しいか。」

もちろん、罪の赦しの方がずっと大きな犠牲をともなうのです。罪を赦すためには、神の御子主イエス・キリスト御自身が十字架に掛かり、救われるべき者達の罪の罰と呪いを全て、お一人で背負わなくてはならないのです。しかし、主イエスはこの中風の人の罪の為に身代りに十字架にお掛かりになるつもりであられたからこそ、「あなたの罪は赦された」と宣言することが出来たのです。律法学者達が「神を冒涜している」と責めるなか、主イエス・キリストは「地上で罪を赦す権威を持っていることを知らせよう」と言いながら中風の人を癒されました。するとその中風の人は「起き上がり、すぐに床を担いで、皆の見ている前を出て行った」のです。主イエス・キリストこそ、地上で罪を赦す権威が与えられている神の独り子なのです。

主イエス・キリストは、私達の罪を赦すために、十字架に掛かり死んで下さいました。私達の罪の罰と呪いを受けて、父なる神様から見捨てられ、死んで下さったのです。しかし、死から甦らせられ、御自身を通して完全な罪の赦しと神との和解をもたらすことがお出来になるのです。

「罪が支払う報酬は死です。しかし、神の賜物は、主イエス・キリストによる永遠のいのちです。」私達は、「ただ、キリスト・イエスによる贖いの業を通して、神の恵みにより無償で義とされるのです(ローマ3章24節)」。この『主イエスの名を呼び求める者はだれでも救われる』のです(ローマ10章13節)。」

ラジオをお聞きの皆様、どうか教会に行き、聖書をお読み下さい。この主イエス・キリストを知り、この主イエスを通して与えられる完全な罪の赦しを受け取って下さい。このお方を「尋ね求める人は決して見捨てられることはありません(詩編9編11節)。」

関連する番組