新約聖書『フィリピの信徒への手紙』 (11本)

キリストへの時間のトップページに戻る

新約聖書『フィリピの信徒への手紙』 (11本)

フィリピの信徒への手紙の章、節の順に並んでいます。引用箇所が同じ場合は放送日の古い順で表示されます。

フィリピの信徒への手紙1章9,10節わたしは、こう祈ります。知る力と見抜く力とを身に着けて、あなたがたの愛がますます豊かになり、本当に重要なことを見分けられるように。
山中恵一 神港教会 協力牧師

父親の眼差し親になって知る親の親心

講師
山中恵一
所属
神港教会 協力牧師
放送
2019年1月06日
フィリピの信徒への手紙1章21節わたしにとって、生きるとはキリストであり、死ぬことは利益なのです。
宮﨑契一  牧師(休職中)

あなたにとって生きるとは?

講師
宮﨑契一
所属
牧師(休職中)
放送
2011年1月09日
フィリピの信徒への手紙2章3,4節何事も利己心や虚栄心からするのではなく、へりくだって、互いに相手を自分よりも優れた者と考え、めいめい自分のことだけでなく、他人のことにも注意を払いなさい。
吉田実 神戸長田教会 牧師

分かち合う喜び①人として輝くには

講師
吉田実
所属
神戸長田教会 牧師
放送
2017年6月18日
フィリピの信徒への手紙2章6~7節キリストは、神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わず、かえって自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。
山中恵一 神港教会 協力牧師

父親の眼差し神が人となる

講師
山中恵一
所属
神港教会 協力牧師
放送
2016年1月24日
フィリピの信徒への手紙3章8節そればかりか、わたしの主キリスト・イエスを知ることのあまりのすばらしさに、今では他の一切を損失とみています。キリストのゆえに、わたしはすべてを失いましたが、それらを塵あくたと見なしています。
保田広輝 板宿教会 会員

イエスさまの姿に似せられて

講師
保田広輝
所属
板宿教会 会員
放送
2018年9月30日
フィリピの信徒への手紙3章13~14節なすべきことはただ一つ、後ろのものを忘れ、前のものに全身を向けつつ、神がキリスト・イエスによって上へ召して、お与えになる賞を得るために、目標を目指してひたすら走ることです。
藤井真  牧師(休職中)

後のものを忘れ 前へ!

講師
藤井真
所属
牧師(休職中)
放送
2010年1月03日
フィリピの信徒への手紙3章13~14節なすべきことはただ一つ、後ろのものを忘れ、前のものに全身を向けつつ、神がキリスト・イエスによって上へ召して、お与えになる賞を得るために、目標を目指してひたすら走ることです。
赤石めぐみ 伊丹教会 教会員

自転車と聖書の意外な関係②PINARELLO F3:13

講師
赤石めぐみ
所属
伊丹教会 教会員
放送
2014年1月26日
フィリピの信徒への手紙3章20節しかし、わたしたちの本国は天にあります。そこから主イエス・キリストが救い主として来られるのを、わたしたちは待っています。
佐野結子 板宿教会 会員

本国は天にある

講師
佐野結子
所属
板宿教会 会員
放送
2018年6月24日
フィリピの信徒への手紙4章6~7節どんなことでも、思い煩うのはやめなさい。何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい。そうすれば、あらゆる人知を超える神の平和が、あなたがたの心と考えとをキリスト・イエスによって守るでしょう。
長井正人 PCAウェストミンスター日本人教会 牧師

主イエスを信じるということ

講師
長井正人
所属
PCAウェストミンスター日本人教会 牧師
放送
2010年3月07日
フィリピの信徒への手紙4章6~7節どんなことでも、思い煩うのはやめなさい。何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい。そうすれば、あらゆる人知を超える神の平和が、あなたがたの心と考えとをキリスト・イエスによって守るでしょう。
吉田謙 千里摂理教会 牧師

祈りによる平安

講師
吉田謙
所属
千里摂理教会 牧師
放送
2014年3月02日
フィリピの信徒への手紙4章11~13節わたしは、自分の置かれた境遇に満足することを習い覚えたのです。貧しく暮らすすべも、豊かに暮らすすべも知っています。満腹していても、空腹であっても、物が有り余っていても不足していても、いついかなる場合にも対処する秘訣を授かっています。わたしを強めてくださる方のお陰で、わたしにはすべてが可能です。
梅野恵 千里摂理教会 会員

私の目から見たクリスチャンの姿

講師
梅野恵
所属
千里摂理教会 会員
放送
2013年10月20日

『フィリピの信徒への手紙』とは

フィリピの信徒への手紙に関する解説はありません。