新約聖書『ヘブライ人への手紙』 (3本)

キリストへの時間のトップページに戻る

新約聖書『ヘブライ人への手紙』 (3本)

ヘブライ人への手紙の章、節の順に並んでいます。引用箇所が同じ場合は放送日の古い順で表示されます。

ヘブライ人への手紙2章17~18節それで、イエスは、神の御前において憐れみ深い、忠実な大祭司となって、民の罪を償うために、すべての点で兄弟たちと同じようにならねばならなかったのです。事実、御自身、試練を受けて苦しまれたからこそ、試練を受けている人たちを助けることがおできになるのです。
保田広輝 板宿教会 会員

憐れみ深いイエス様

講師
保田広輝
所属
板宿教会 会員
放送
2014年8月17日
ヘブライ人への手紙3章12~13節兄弟たち、あなたがたのうちに、信仰のない悪い心を抱いて、生ける神から離れてしまう者がないように注意しなさい。あなたがたのうちだれ一人、罪に惑わされてかたくなにならないように、「今日」という日のうちに、日々励まし合いなさい。
ウィリアム・モーア PCUSA 宣教師

日々励ましあいなさい

講師
ウィリアム・モーア
所属
PCUSA 宣教師
放送
2008年9月07日
ヘブライ人への手紙11章1節信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです。
石川ヨナ 横浜教会 会員

井戸を掘れ

講師
石川ヨナ
所属
横浜教会 会員
放送
2018年7月15日

『ヘブライ人への手紙』とは

ヘブライ人への手紙に関する解説はありません。