田村英典

キリストへの時間のトップページへ戻る

田村英典の紹介

田村英典 引退教師 引退教師

田村英典たむらひでのり

引退教師 引退教師

島根県生まれ。
神戸改革派神学校卒業後、静岡県富士市で6年半、宝塚教会で17年間余り、牧師として奉仕。
1999年 淀川キリスト教病院チャプレン。
2013年 北神戸キリスト教会 牧師。

趣味は音楽(特にクラシックギター)

田村英典の担当した放送(日付順)

世界で最初のXmas

ルカによる福音書 2章8~12節その地方で羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた。すると、主の天使が近づき、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。天使は言った。「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである。」

アドベントって何?

ルカによる福音書 2章25~30節そのとき、エルサレムにシメオンという人がいた。この人は正しい人で信仰があつく、イスラエルの慰められるのを待ち望み、聖霊が彼にとどまっていた。そして、主が遣わすメシアに会うまでは決して死なない、とのお告げを聖霊から受けていた。シメオンが“霊”に導かれて神殿の境内に入って来たとき、両親は、幼子のために律法の規定どおりにいけにえを献げようとして、イエスを連れて来た。シメオンは幼子を腕に抱き、神をたたえて言った。 「主よ、今こそあなたは、お言葉どおり/この僕を安らかに去らせてくださいます。わたしはこの目であなたの救いを見たからです。

弱さを通して

コリントの信徒への手紙二 12章8~9節この使いについて、離れ去らせてくださるように、わたしは三度主に願いました。すると主は、「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」と言われました。だから、キリストの力がわたしの内に宿るように、むしろ大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう。

歳を重ねて

テモテへの手紙二 4章18節主はわたしを全ての悪い業から助け出し、天にある御自分の国へ救い入れてくださいます。主に栄光が世々限りなくありますように、アーメン。

もう一人の自分を持つ

詩編 146編1~2節ハレルヤ。私の魂よ、主を賛美せよ。 命のある限り、私は主を賛美し 長らえる限り 私の神にほめ歌をうたおう。

微笑み

マルコによる福音書 10章15~16節「はっきり言っておく。子供のように神の国を受け入れる人でなければ、決してそこに入ることはできない。」そして、子供たちを抱き上げ、手を置いて祝福された。

神の驚くべき愛

ヨハネによる福音書 3章16節神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。

天国は用意されている

ヨハネによる福音書 14章1~2節「心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい。わたしの父の家には住む所がたくさんある。もしなければ、あなたがたのために場所を用意しに行くと言ったであろうか。」

田村英典からのメッセージ

田村英典からのメッセージはありません