旧約聖書『申命記』 (3本)

ラジオ放送 キリストへの時間のトップページへ戻る

旧約聖書『申命記』 (3本)

申命記の章、節の順に並んでいます。引用箇所が同じ場合は放送日の古い順で表示されます。

申命記6章4~9節聞け、イスラエルよ。我らの神、主は唯一の主である。あなたは心を尽くし、魂を尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい。今日わたしが命じるこれらの言葉を心に留め、子供たちに繰り返し教え、家に座っているときも道を歩くときも、寝ているときも起きているときも、これを語り聞かせなさい。
赤石めぐみ 伊丹教会 教会員

子どもの神なるイエスさま

講師
赤石めぐみ
所属
伊丹教会 教会員
放送
2017年1月29日
申命記8章2,3節あなたの神、主が導かれたこの四十年の荒れ野の旅を思い起こしなさい。こうして主はあなたを苦しめて試し、あなたの心にあること、すなわち御自分の戒めを守るかどうかを知ろうとされた。主はあなたを苦しめ、飢えさせ、あなたも先祖も味わったことのないマナを食べさせられた。人はパンだけで生きるのではなく、人は主の口から出るすべての言葉によって生きることをあなたに知らせるためであった。
保田広輝 板宿教会 会員

聖書の言葉は命の水

講師
保田広輝
所属
板宿教会 会員
放送
2021年5月30日
申命記32章10節主は荒れ野で彼を見いだし、獣のほえる不毛の地でこれを見つけ、これを囲い、いたわり、御自分のひとみのように守られた。
宮﨑契一 那覇教会 牧師

神はあなたをひとみのように守られる

講師
宮﨑契一
所属
那覇教会 牧師
放送
2012年2月05日

『申命記』とは

申命記は「第二の命(めい)」という意味があり、異教徒の地に定住するにあたって、一度「十戒」を授かったときに命じられた、唯一のまことの神に従い続けるようにとの戒めと約束を、改めて確認する内容になっています。