弓矢健児

キリストへの時間のトップページへ戻る

弓矢健児の紹介

弓矢健児 千里山教会 牧師

弓矢健児ゆみやけんじ

千里山教会 牧師

1962年 岐阜県に生まれる
1985年 中央大学卒業後、地方銀行で12年間勤務
1997年 神戸改革派神学校入学
2000年 神学校卒業。埼玉県新座市にある新座志木教会に着任
2008年 4月より大阪府吹田市にある千里山教会に着任

*神戸改革派神学校非常勤講師(キリスト教倫理学)

趣味:読書、DVD・音楽鑑賞、散歩

弓矢健児の担当した放送(日付順)

言葉によって造られた

ヨハネによる福音書 1章1節初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。この言は、初めに神と共にあった。万物は言によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。

今日を喜び祝う

詩編 118編22節家を建てる者の退けた石が隅の親石となった。これは主の御業、わたしたちの目には驚くべきこと。今日こそ主の御業の日。今日を喜び祝い、喜び躍ろう。

聞いてくださる神

ルカによる福音書 18章6~7節それから、主は言われた。「この不正な裁判官の言いぐさを聞きなさい。まして神は、昼も夜も叫び求めている選ばれた人たちのために裁きを行わずに、彼らをいつまでもほうっておかれることがあろうか。」

共にいてくださる神

マタイによる福音書 28章19~20節だから、あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授け、あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい。わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。

わたしを変える神の愛

ヨハネの手紙一 4章10~11節わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して、わたしたちの罪を償ういけにえとして、御子をお遣わしになりました。ここに愛があります。愛する者たち、神がこのようにわたしたちを愛されたのですから、わたしたちも互いに愛し合うべきです。

神様からのクリスマスプレゼント

ルカによる福音書 2章10~11節天使は言った。「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそメシアである。」

あなたに必要な住まい

ヨハネによる福音書 14章1~3節「心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい。わたしの父の家には住む所がたくさんある。もしなければ、あなたがたのために場所を用意しに行くと言ったであろうか。行ってあなたがたのために場所を用意したら、戻って来て、あなたがたをわたしのもとに迎える。こうして、わたしのいる所に、あなたがたもいることになる。」

交わりの恵みをあなたに

ヨハネの手紙一 1章3~4節わたしたちが見、また聞いたことを、あなたがたにも伝えるのは、あなたがたもわたしたちとの交わりを持つようになるためです。わたしたちの交わりは、御父と御子イエス・キリストとの交わりです。わたしたちがこれらのことを書くのは、わたしたちの喜びが満ちあふれるようになるためです。

『沈黙の春』にならないためにも

創世記 1章31節神はお造りになったすべてのものをご覧になった。見よ、それは極めて良かった。

今聴いているあなたへ

コリントの信徒への手紙二 6章1~2節わたしたちはまた、神の協力者としてあなたがたに勧めます。神からいただいた恵みを無駄にしてはいけません。なぜなら、『恵みの時に、わたしはあなたの願いを聞き入れた。救いの日に、わたしはあなたを助けた』と神は言っておられるからです。今や、恵みの時、今こそ、救いの日。

あなたの心を守りなさい

箴言 4章23節何を守るよりも、自分の心を守れ。そこに命の源がある。

天に希望を持つ

コロサイの信徒への手紙 1章5節それは、あなたがたのために天に蓄えられている希望に基づくものであり、あなたがたは既にこの希望を、福音という真理の言葉を通して知りました。

本物の神を信じる

使徒言行録 17章22~23節パウロは、アレオパゴスの真ん中に立って言った。「アテネの皆さん、あらゆる点においてあなたがたが信仰のあつい方であることを、わたしは認めます。道を歩きながら、あなたがたが拝むいろいろなものを見ていると、『知られざる神に』と刻まれている祭壇さえ見つけたからです。それで、あなたがたが知らずに拝んでいるもの、それをわたしはお知らせしましょう。」

新しいことを私は行なう

イザヤ書 43章18~19節初めからのことを思い出すな。昔のことを思いめぐらすな。見よ、新しいことをわたしは行なう。今や、それは芽生えている。あなたたちはそれを悟らないのか。わたしは荒れ野に道を敷き、砂漠に大河を流れさせる。

弓矢健児からのメッセージ

弓矢健児からのメッセージはありません