旧約聖書『民数記』 (1本)

キリストへの時間のトップページに戻る

旧約聖書『民数記』 (1本)

民数記の章、節の順に並んでいます。引用箇所が同じ場合は放送日の古い順で表示されます。

民数記11章12節わたしがこの民すべてをはらみ、わたしが彼らを生んだのでしょうか。あなたはわたしに、乳母が乳飲み子を抱くように彼らを胸に抱き、あなたが先祖に誓われた土地に連れて行けと言われます。
山中恵一 神港教会 協力牧師

父親の眼差し父親からミルクは出ない

講師
山中恵一
所属
神港教会 協力牧師
放送
2018年11月11日

『民数記』とは

民数記と申命記は、エジプトから脱出したイスラエルの民が40年の荒野の旅のすえにようやくカナンの地に定住するまでの物語を扱っています。
民数記は、エジプト脱出の翌年に行われた人口調査に基づく民の数の記録から始まっているので、このように呼ばれています。イスラエル政府観光局のマーク(二人の人が大きな葡萄をかついでいるマーク)の由来は、この書を読むとわかります。