旧約聖書『ネヘミヤ記』 (1本)

キリストへの時間のトップページに戻る

旧約聖書『ネヘミヤ記』 (1本)

ネヘミヤ記の章、節の順に並んでいます。引用箇所が同じ場合は放送日の古い順で表示されます。

ネヘミヤ記8章10節今日は、我らの主にささげられた聖なる日だ。悲しんではならない。主を喜び祝うことこそ、あなたたちの力の源である。
赤石純也 伊丹教会 牧師

信仰と音楽ペンテコステのバッハ

講師
赤石純也
所属
伊丹教会 牧師
放送
2008年5月11日

『ネヘミヤ記』とは

ネヘミヤは人の名前です。
ネヘミヤ記も、イスラエルの民のバビロン補囚からの帰還とエルサレム神殿再建を記しますが、聖書説教の原型(原語で朗読し、翻訳して意味を明らかにするという形)が記されていること、それを聞いた民が、自分たちの犯した罪を悲しみ、泣き、嘆いたと記し、エレミヤの預言が実現したことを記しているのが特徴です。