わたしたちは土の器

キリストへの時間のトップページへ戻る

聖書の言葉

ところで、わたしたちは、このような宝を土の器に納めています。この並外れて偉大な力が神のものであって、わたしたちから出たものでないことが明らかになるために。

新約聖書 コリントの信徒への手紙二 4章7節

藤井真によるメッセージ

自分がどういう存在であるかを言い表す言葉はいくつもあります。この放送をお聞きの皆様も、「あなたは誰ですか」と聞かれたら、「私は○○です」というふうに答えることができるのではないでしょうか。

初代教会の伝道者であったパウロという人は、自分のことを「土の器」と表現しました。後のキリスト者たちも好んで、自分のことを「土の器」と呼びました。「土の器」と聞いて、「強い」というイメージを抱く人はいないでしょう。器ですから、落としてしまえばすぐに粉々になります。何か堅いものにぶつかればすぐにヒビが入ってしまいます。私たち人間はそのように脆く、弱く、傷つきやすい存在なのです。

ところが、このパウロという人は、自分のことを「土の器」と呼びながら、決してそこで卑屈な思いになっていたのではありませんでした。むしろ、喜びと誇りをもって「土の器」と呼んだのです。それは綺麗事でも、強がりでもありません。自分のことを「土の器」と喜んで呼ぶことができる理由はただ一つ、自分の中に「宝」が納められているからです。

パウロが言う「宝」というのは、イエス・キリストが私たちに与えてくださった喜びです。そして、この喜びを人々に伝える使命のことでもあります。そこで、ふと思うことがあります。器である私たちがその中に何を納めているか、何を盛っているのかということです。この世的な見方で言えば、器そのものだけで十分な価値があるものもたくさんあります。しかし、一方で、何をその上に乗せるのか、何を納めるのかによって意味合いが変わってくるということもあるのではないでしょうか。私たちは人生という器に、喜びや悲しみなど様々なものを納め、盛り付けながら、歩みを重ねているのです。

でも、私たちは知らなければいけません。最後に、「死」というものを器の中に納めなければいけないということを。その時、果たして土の器は、死の力に耐えることができるのでしょうか。いや、耐えることなどできないのです。粉々に砕け散ってしまうだけなのです。そして、聖書が語る「死」というのは、単に肉体の死ということに留まらないということです。

もう45年も前になりますが、阪田寛夫というキリスト者の作家が「土の器」(文藝春秋)という小説を記し、芥川賞を受賞しました。阪田さんはこの小説の中で、自分の母のことを記します。お母様もキリスト者で、筋金入りの信仰を持っておられたようです。でも、阪田さんが描きたかったのは、母の強い信仰ではありません。完璧で、弱音を吐かない母の生き方を描こうとしたのではないのです。むしろ、末期のすい臓癌で、死んでいった母の死に方を土の器として描こうとしたのです。阪田さんのお母様は、激しい痛みを伴う闘病生活をとおして、言葉ではなく肉体をとおして、自分が土の器であることを、周りの者たちに示し続けました。

本の中に次のような言葉があります。「母の体は丁度逆の濾過器みたいに置かれているわけだった。流れこむ点滴の液は陽に光って透明だが、出てくる尿はにごり固まった暗褐色の血うみだ。その濁りは人間そのもの、あるいは『罪とが』という感じがした。」体に透明なカテーテルを通し、透きとおった液体を入れると、体の中から赤黒いうみが出てきます。それが「人間」そのもの、「罪」そのものに感じたのと言うのです。「私とは誰か?」ということを深く突き詰める時、神様に対しても、自分や隣人に対しても真っ直ぐになることができず、心がねじ曲がっている自分がいることに気付かされることがあるのです。あの人は赦せない。あの人さえいなければと、ドロドロしたどす黒い思いが心の中に渦巻いているのです。これこそが、「土の器」であり、やがて砕け散ってしまう人間の行く末なのではないでしょうか。

しかし、そのような滅ぶべき土の器の中にまことの宝が納められているならば、あなたは救われる。聖書はそのように告げています。ある人は、「イエス・キリストこそ、まことの土の器だ」と言いました。キリストは、神でありながら、まことの人としてこの世界に生まれてくださいました。そして、最後には人々から虐げられ、神からも見捨てられたのです。「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」と叫びながら、十字架の上で死なれたのです。私たちが神から見捨てられないためです。ドロドロした罪を洗い清め、救い出してくださるためです。

また、イエス・キリストは、私たちの罪を十字架で背負って死んでくださっただけではなく、死の中から復活してくださった方でもあります。罪と死によって打ち砕けてしまう弱く儚い存在ではなく、キリストによって赦された存在として、人間は新しく生まれ変わります。死を恐れることがあっても、私たちのすべてを御手の中で握りしめておられる神様にお委ねして、望みをもって歩むことができます。そのような素晴らしい宝が、私の中に納められているのです。だから、パウロは嘆くようにしてではなく、喜びをもって「私は土の器」と語るのです。

関連する番組