神様の人間観

キリストへの時間のトップページへ戻る

聖書の言葉

ペトロは言った。「わたしには金や銀はないが、持っているものをあげよう。ナザレの人イエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい。」

新約聖書 使徒言行録 3章6節

吉田実によるメッセージ

今回は、只今お読みいたしました使徒言行録の物語からお話をさせていただいています。イエス様の弟子のペトロとヨハネが、生まれながらに足の不自由な男をいやして歩けるようにしたという、奇跡の物語です。自分自身のことを「呪われた存在」とみなされ、「美しい門」のそばに物のように置かれて、神殿の境内に入る人々に施しを乞いながら生きていたこの足の不自由な男を、ペトロはヨハネと一緒にじっと見て、また彼に対しても「私たちを見なさい」と言いました。この足の不自由な人は、恐らく道行く人から目をそらされたり、見下されたりするようなことがずっと続いていたと思われます。そしてそんな彼自身も、道行く人をただ「施しをくれるかもしれない人々」として何気なく眺めていただけだったに違いありません。彼自身も人を人として見つめてはいなかったのです。そんな彼を、ペトロとヨハネは同じ神様に造られた人間同士として見つめ合う、人格的な交わりの中に招き入れようとしたのです。そしてその時、この足の不自由な男は「悪魔の呪いの言葉」とは正反対の言葉を聞きました。「わたしには金や銀はないが、持っているものをあげよう。ナザレの人イエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい。」という言葉です。するとたちまちこの男は躍り上がって立ち上がり、踊りながら神様を讃美したのです。それが今日の物語です。「そんな奇跡など信じられない」と思われる方も少なくないと思います。けれども、ここで大切なことはこの物語が指し示している意味なのです。「イエス様の弟子たちもこんなすごいことが出来たのですよ!」ということを伝えることがこの物語の目的ではなくて、この物語が指し示している霊的な意味を読み取ることが大切なのです。それは、「呪われた存在」と思い込まされていた、そういう意味では悪魔の暗闇の支配のもとに囚われていた一人の人が、キリストの弟子たちによって告げ知らされた「神様の祝福の言葉」によって解放されたということなのです。悪魔は人を呪い、その命を奪おうとしますが、神様は反対に人を祝福して真の命に生かそうとしてくださいます。キリスト教会は、この「神様の祝福の言葉」を語り続けているのです。「ナザレの人イエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい」とは、「ナザレのイエスはあなたの救い主であり、今も生きておられる。このお方の御力によって、あなたは悪魔の支配から解放されて、立ち上がることが出来ます」という意味の言葉なのです。この足の不自由な人は40歳を過ぎるまで、エルサレム神殿の門の前で毎日座っていたわけですから、「ナザレのイエス」についてきっと聞いていたに違いないと思います。もしかすると直接見たことがあるかもしれません。「このお方こそローマ帝国の支配から救って下さる私たちの救い主だ」と信じて、大勢のユダヤ人がついていった様子も見たでしょう。そしてそんなイエスが捉えられ、十字架につけて殺されてしまったことも聞いていたに違いない。「そんなナザレのイエスは、じつは私たちの罪を全部背負って、私たちの身代わりに罰を受けて十字架の上で死んでくださって、三日目に蘇られた、神の独り子であった。このお方こそ、ローマ帝国の支配ではなく、人間を罪と死の支配から救い出して下さる、悪魔の支配から解放して下さる真の救い主、あなたの救い主なのだ」ということ。それが、ペトロが語った祝福の中身なのです。そしてこの祝福の言葉を、キリストの教会は今も語り続けているのです。

「自分の存在価値を認めてもらいたかったら、競争に打ち勝って、人をけ落として、自分の大切さを示せ!」というような声がいろんなところから聞こえてくる中で、その通りに生きて勝ち残って、「自分には価値がある」と思っている人の方が、実は深刻な病を抱えているのであり、そういう競争から外れた弱い立場にある人々、心病む人々の叫び声が、じつは「荒野で叫ぶ声」「主の道をまっすぐにせよ」と叫ぶ、「預言者の声」なのではないかと、私は思います。人は無条件に、存在そのものが喜ばれ、受け入れられ、愛されないと、いきいきと生きることが出来ないのです。もともとそういうものとして神様によって造られたからです。ところが、世の中はそうではありません。「あなたがいるだけでよい」と言ってくれないのです。「あなたは何ができますか?」と常に問いかけてきます。何かしたくても出来ないときだってあるのに、そういう人に「なまけもの」とか「役たたず」というようなレッテルをすぐに貼ろうとします。そんな暗闇に支配されている社会の中で、弱い立場に置かれている人々の声無き声に心を合わせながら、キリスト教会は叫び続けています。「病があろうと、障がいがあろうと、あなたもわたしも、神様によって造られ、イエス・キリストの命を懸けて愛されている、大切な、掛け替えのない存在なのです!あなたがここにいてくださることが、わたしたちの喜びなのです!」と、私たちは語り続けています。ラジオをお聞きの皆様も、人の存在価値を能力で計ろうとするような悪魔の支配から解き放たれて、「神様の人間観」の上に立って、私たちと一緒に歩いて行きませんか?

関連する番組