キリストのまなざし

キリストへの時間のトップページへ戻る

聖書の言葉

イエスはその場所に来ると、上を見上げて言われた。「ザアカイ、急いで降りて来なさい。今日は、ぜひあなたの家に泊まりたい。」

新約聖書 ルカによる福音書 19章5節

藤井真によるメッセージ

人は何をもって幸せと言えるのでしょうか。その定義は様々でしょう。聖書に出てくるザアカイという人は、お金にしがみつき、お金こそ自分に幸せをもたらす神様だと信じて生きていました。「徴税人」というローマ帝国の権力を楯に、同胞のユダヤ人から不正な仕方でお金を巻き上げていたのです。当然、人々からは嫌われる存在となりました。いつも冷たい目で、「お前は罪人だ」と後ろ指を指されながら生きていたのです。

周りからの冷たい目。私なら耐えることはできないと思います。中には、自分は周りの目なんて気にしないという人がいるかもしれませんが、そのように言えば言うほど、ますます自分が孤独になっていくことに気付かされることがあるのではないでしょうか。やはり心のどこかで、人とつながっていたい。あたたかいまなざしで自分を見てくれる人に出会いたいと思うのではないでしょうか。

人は何をもって幸せと言うのか、と最初に問いましたけれども、一つ言えることは、いつも自分のことを真っ直ぐに見てくれている人に出会うことではないでしょうか。どんなことがあっても、曇りのない目で自分を見てくれる人が、たった一人でもいい、自分の側にいてくれたら、どれだけ安心して生きていくことができるでしょう。

しかし、残念なことに、ザアカイはそういう人を知りませんでした。徴税人の頭、つまりリーダーまで上り詰めた人ですから、誰に何と言われようと、どんなふうに見られようと、そんなの関係ないと、ほとんど開き直って生きていたのかもしれません。しかし、そんなザアカイでしたが、心の奥は、寂しかったのです。心の片隅にある自分の本音を押し殺すようにして、徴税人の頭として生きていたのです。

ある日のことです。主イエスが自分の住んでいるエリコという町にやって来るという噂を耳にします。どうもこの方は、自分たちと同じ、徴税人や罪人たちを招いて食事をしているらしい。そんな噂も入ってきたのでしょう。どうしてもこのイエスという方を一目見てみたいと願います。でも、ザアカイは背が低かったのです。群衆に遮られて、主イエスを見ることはできません。それで、先回りして、いちじく桑という木、この木は、10メートルから15メートルもある木のようですが、その大きな木によじ登ったというのです。

しかし、ザアカイは、道を通る主イエスに呼びかけることはしません。助けを求めることもしないのです。ただ主イエスを遠くから眺めているだけなのです。それで十分だと考えていたのでしょう。もし、木に登っているザアカイに主イエスが気付かなかったならば、この物語はここで終わっていたかもしれません。しかし、主イエスはザアカイが居る木の下で立ち止まってくださったのです。そして上を見上げておっしゃいました。「ザアカイ、急いで降りて来なさい」。

「ザアカイ、急いで降りて来なさい。」いったいその声にどういう響きがあったでしょうか。どういう心で主イエスはザアカイに呼びかけたのでしょうか。その心を、主イエスご自身がこう説明してくださっています。「人の子は、失われたものを捜して救うために来たのである」(ルカ19:10)。「あなたは失われたものだ」と主イエスはおっしゃいます。

失うというのは、私たちも経験しますが、たいへん悲しいことです。失うことが、なぜ悲しいかと言うと、失ったものがその人にとってなくてはならない大切なものだからです。主イエスは、ザアカイがいないということが、わたしにとっていかに深い悲しみなのだ、ということを語ります。あなたが失われた者であるということが、わたしにとっては耐えがたいほど悲しいのだ。だから降りて来てほしい!

ザアカイは、木の下から、主イエスの目でじっと見つめられた時、どんな思いをしたのでしょうか。木の下からじっと自分を見つめている主イエスのまなざしは、どこか、悲しみを含んでいたかもしれません。けれどもまた、「やっとあなたを見つけることができた」という大きな喜びにあふれたまなざしであったと思います。そのまなざしに、ザアカイは本当に驚いたと思うのです。こんなまなざしで自分のことを見てくれた人が、これまでにいただろうか。自分のことをこんなに真剣に悲しみ、こんなに喜んでくれる人が、これまでひとりでもいただろうか。

ザアカイは、主イエスに呼ばれて、急いで木から降りて、喜んで主イエスを自分の家に迎えました。それを見た人たちは皆、驚いて言いました。イエスともあろうお方が、どうしてあんな罪深い者の家に行くのか。けれども、いちばん驚いていたのはザアカイ自身ではなかったかと思います。どうして自分は今、こんなに喜んでいるのだろう。自分の行動に驚きながら、自分の本当の願いに気づいたのではないでしょうか。そうだ、これが自分のいちばん望んでいたことだったのだ。この方に見つけていただくために、この方に出会うために、自分は生きてきたのだ。

人間は自分で気づいていなくても、神に愛されることを待っているのです。主イエスに見つけていただくことを待っているのです。そして、主イエスに思いがけず見つめられた時に、ああ、自分が求めていたのは、このまなざしに出会うことだったのだ、ということに気づくのです。私のことを捜し、誰よりも私のことを喜んでくださる主イエスのまなざしです。その主の喜びに触れたとき、ザアカイの心にも深い喜びが生まれたのです。

主イエスは、今朝も私たちに呼びかけています。「急いで降りて来なさい!今日はぜひあなたの家に泊まりたい!」この主の招きにどうかザアカイのように応えてください。主イエスを迎え入れてくださいますように。そこに喜びが生まれます。

関連する番組