難病の私には何もありません

キリストへの時間のトップページへ戻る

聖書の言葉

あなたがたは地上に富を積んではならない。そこでは、虫が食ったり、さび付いたりするし、また、盗人が忍び込んで盗み出したりする。 富は、天に積みなさい。そこでは、虫が食うことも、さび付くこともなく、また、盗人が忍び込むことも盗み出すこともない。 あなたの富のあるところに、あなたの心もあるのだ。

新約聖書 マタイによる福音書 6章19~21節

保田広輝によるメッセージ

今日は冨について考えてみたいと思います。この世では、多くの冨を持つ人は、より価値の高い人として見られます。冨は裕福であるだけではなくて、人間の価値を判断する物になります。財産があるという理由で人々から尊敬され、愛されていきます。つまり「富」は、その人自身の価値を決め、その人が愛されるかまでも決めてしまうのです。

しかし、この世の富は虫に食われる、錆びつく、盗まれる、と聖書は言います。衣類は虫に食われる事で価値を失います。工芸品も錆びつく事で価値を落とします。蓄えていた穀物はカビや虫の害を受ける。株の投資は一瞬で破綻を招き、強盗は所有している物を奪っていきます。この世の冨というのは、いつ失われるか分からない物なのです。また、どんなに冨を貯めたとしても、一緒に天国まで持っていくことはできません。

このような物と結びつくのが私たちの生きる価値であるならば、私たちの人生とは一体なんでしょうか。私たちは、虫に食われ、錆びつき、強盗に奪われる物と結ばれて生きるのではなく、神様と結ばれて生きていく事が大切だ、と聖書は言います。今日お読みした御言葉には、「あなたの富のあるところに、あなたの心もあるのだ」とあります。つまり、あなたが心を向けているものが、あなたの冨である、ということです。

「天に富を積む」とは、神様に心を向けて、神様を信頼して生きていく事です。言い換えると、神様が喜ばれることは何なのか、神様の御心は何なのか、いつも祈り求めて、神様の御心に従って生きていくことです。そして、誰にでも神様から与えられた賜物や役割があるのだから、それを用いていくことです。神様が一番喜ばれることは「心をつくし、精神をつくし、力をつくし、思いをつくして、主なる神を愛すること、また自分を愛するように私たちの隣人を愛すること」ですから、ひとりひとりに与えられる賜物や役割も、神様や隣人のためにあると思います。

ちなみに、4年前まで、私は賜物をひとつも持っていない、役割すらないと思っていました。私はいま24歳ですが、治療法のない難病を抱えていて、延命治療をしても、余命11年と宣告されています。しかも死ぬまで進行していく難病です。今は24時間ずっと人工呼吸器で呼吸をしていて、手の親指以外は動かせないので、食事もトイレも着替えも、ひとりでは生活の全てが何もできないですし、やがて寝たきりの生活になります。だから、4年前までは死にたい気持ちにもなって、生きることに耐える日々を送っていました。でも、気付かされたんですね。難病の私も神様の愛によって生まれて、大きな賜物である命が与えられています。

そして、命だけじゃない。私たちに与えられている最高の賜物は、十字架で命を犠牲にしてまで、私たちを罪と死から救ってくださった主イエス・キリストの愛です。神様の御子である主イエス・キリストが、私たち人間の罪のために十字架にかけられて死んでくださり、お墓に葬られて、3日目に死人の中から復活されたことを信じる人たちは、罪と死から救われます。死んだ後に滅びない体に復活して、神様と天国で一緒に生きる永遠の命が与えられます。神様の子供とされます。神様と永遠の交わりが与えられます。この最高の賜物は、能力や行いに応じてではなく、イエス様を信じる誰にでも、無条件に与えられています。

そうして神様に祈りました。「難病の私には何もありません。神様におささげできるものが何もありません。この命しかありません。私の人生を神様におささげします」。難病の私は、賜物がひとつもない、役割もないと思っていました。でも、イエス様の愛が無条件に与えられているのだから、自分が神様のために生きるのも、神様に人生をささげるのも、無条件なのだと気付かされたんですね。賜物がひとつもない、役割が何もないと思っても、神様は人生をささげる決心を喜んでくださり、その人にしかできない役割とすべての必要なものを与えてくださるんですね。

神様に人生をささげる決心をしてから、「難病を通して神様を伝えていきなさい、難病の人生で育まれる信仰と希望を伝えていきなさい」という役割が与えられていると感じるようになったんですね。それからは、難病を受け入れて、前向きに生きていけるように変えられました。教会や講演会で神様のお話しをする機会も多く与えられるようになりました。こうして私は、天に富を積んでいく神様に心を向ける生き方へと変えられたのです。

神様は、この地上に主イエスを遣わしてくださいました。主イエスの十字架と復活の出来事は、私たちのために、決して失われることのない富が天に蓄えられた、ということです。神様が主イエスを通して与えてくださった救いこそ、本当の富なのです。

それでは最後にActs 2:44の「聖なる主」という賛美をお聴きください。

関連する番組