本物の神を信じる

キリストへの時間のトップページへ戻る

聖書の言葉

パウロは、アレオパゴスの真ん中に立って言った。「アテネの皆さん、あらゆる点においてあなたがたが信仰のあつい方であることを、わたしは認めます。道を歩きながら、あなたがたが拝むいろいろなものを見ていると、『知られざる神に』と刻まれている祭壇さえ見つけたからです。それで、あなたがたが知らずに拝んでいるもの、それをわたしはお知らせしましょう。」

新約聖書 使徒言行録 17章22~23節

弓矢健児によるメッセージ

本日の御言葉は、使徒パウロが、真の神であるイエス・キリストのことを伝えるために、ギリシャのアテネという町に来た時の物語です。その当時、アテネは学問や文化の中心地でした。また、そこにはギリシャ神話に出てくる様々な神々を祭った像や神殿がたくさんありました。

病気を治してくれる神、お金持ちにしてくれる神、美しくしてくれる神、頭を良くしてくれる神・・・数え上げたらきりがありません。中には、「知られざる神に」と刻まれた祭壇さえありました。つまり、そこには、わたしたち人間の願いの数だけ神々の像があり、それが祭られていたのです。

日本でも事情はよく似ています。「八百万の神々」という言葉がありますが、日本にもいろいろな神々を祭った神社があります。それこそ、安産祈願、合格祈願、交通安全祈願、健康祈願など、いろいろな願いをかなえてくれるといわれている神々のオンパレードです。

しかしパウロはこの時、アテネの町の至るところに、そのような偶像の神々が祭ってあるのを見て、非常に憤慨しました。なぜでしょうか。それはパウロが、人間が作った偶像の神ではなく、本物の神を知っていたからです。

何事もそうですが、わたしたちは本物を知ることが大切です。本物と偽物を見分ける目を持つことが大切です。美術品などでも、本物によく似た偽物、贋作が作られて、市場に出回ることがあります。素人にはなかなか本物と偽物を見分けることができません。そのために、だまされて偽物をつかまされることがあります。けれども、その道の専門家が見れば多くの場合、本物と偽物の区別ができるそうです。そして、本物を知っている人からするならば、そのような偽物が出回っていることは決して嬉しいことではありません。それどころか、偽物をあたかも本物のように思って、ありがたがっている人を見ると、とても悲しくなるそうです。何とか、人々に本物の素晴らしさを伝えたいと思うそうです。パウロもきっと同じ気持ちだったと思います。パウロは真の神であるイエス・キリストに出会って、クリスチャンになりました。ですから、本物の神を知っています。そして、自分が知っているだけでなく、その本物の神を人々に一生懸命に伝えていたのです。ですからパウロにして見れば、アテネの人々が偽りの神々を、あたかも本物のように信じ、拝んでいるのを、そのまま黙って見ていることはできなかったのです。

そこでパウロは、アテネの町の中にある「アレオパゴス」と呼ばれている広場に行って、人々に本当の神のことを伝えました。そこでパウロはまず、アテネの人々が、熱心に神を信じようとしている信仰のあつい人々であるということを認めました。しかしパウロは、アテネの人々が本当の神を知らないまま、自分勝手にいろいろなものを拝んでいる点に、大きな問題があるということを指摘したのです。つまり、いくら信心深くても、それが本物の神に対する信仰でなければ、正しく神を信じていることにはならないと語ったのです。

日本でも「鰯の頭も信心から」という諺があります。つまらない物でも、それを信仰すれば、尊く、ありがたく思えるということです。つまり、そこには何を信じるかということよりも、たとえそれが何であろうと、信じること自体に意味があるという、考え方があるのです。しかしパウロは、アテネの人々にそれではいけないと教えたのです。なぜでしょうか。それはいくら熱心に信じても、どんなに一生懸命拝んでも、人間が作った偶像には、そもそも人間を救う力など無いからです。わたしたちを本当に救うことのできる神は、人間が造った偶像ではなく、人間とこの世界を創ってくださった唯一の神だけです。この唯一の神が、人間を罪と悲惨の中から救い出すために、人となってこの世界に来てくださったのです。それがイエス・キリストです。キリストはわたしたちを救うために、わたしたちのすべての罪を背負って十字架で死なれ、三日目に復活してくださったのです。パウロは、この真の神であるイエス・キリストをアテネの人々に伝えたのです。

この時、パウロの話を聞いたアテネの町の多くの人々は、死人の復活などあるはずないと言って、イエス・キリストを信じませんでした。しかし、パウロの伝道は決して無駄ではありませんでした。聖書を見ると、この時、それでも何人かの人々が信仰に入ったと記されています。中には、アテネの町の議員もいたとあります。神は確かに、パウロの働きを通して、アテネの町に、本物の神を信じる人々を起こしてくださったのです。そして、神は同じように、聖書の御言葉を通して、今もわたしたちに本物の神が誰であるのかを教えてくださっています。どうかあなたも聖書を通して、偽物ではない本物の神に出会ってください。

関連する番組