復活であり、命である、イエス・キリスト

キリストへの時間のトップページへ戻る

聖書の言葉

イエスは言われた。「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる。」

新約聖書 ヨハネによる福音書 11章25節

袴田清子によるメッセージ

聖書のこの言葉は、ラザロの復活物語の中で、イエス・キリストが語られた、有名な御言葉です。この御言葉から、今日はイエス・キリストがどのような御方なのかをお話ししたいと思います。

主イエスとラザロ、そして、その姉妹達、マルタとマリアは非常に親しい間柄でした。主イエスが、捕えられ、十字架に掛けられる6日前にも、ラザロの家におられた程です。このラザロが病になり、死にかけていました。早速マルタとマリアは、人をやって、兄弟ラザロが病気だということを、主イエスに知らせます。主イエスがその知らせを受けられた時、このように言われたと記されています。

「この病気は死で終わるものではない。神の栄光のためである。神の子がそれによって栄光を受けるのである。」

そして、不思議なことに、「ラザロが病気だときいてからも、なお2日間同じところに滞在され」たというのです。主イエスは、ラザロが死ぬことを知っておられました。そして2日経って、ラザロが死んだことを悟ってから、主イエスは「私は彼を起こしに行く。」と言って出掛けられたのです。不思議なことに、このようにも言われました。「わたしがその場に居合わせなかったのは、あなたがたにとってよかった。あなたがたが信じるようになるためである。」主イエスは、私達が信じるようになるため、わざとラザロの死を待っておられたのでしょうか。

当時、死者の魂は、三日間、自分の遺体の上を漂い、元に戻ろうとする、と信じられていました。しかし、4日目になって、遺体の様子が変わって来ると、死者の魂も諦めて、去って行く、と信じられていたのです。

イエス様が来られた時、マルタもマリアも喪に服していました。彼女達は、無念の気持ちを素直に主イエスに話しています。

それに対して主イエスは言われました。「『エゴー・エイミ』わたしは、復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる。生きていてわたしを信じる者はだれも、決して死ぬことはない。」

「エゴー・エイミ」という、旧約聖書に出て来る表現を用いておられます。それは、神様が、御自身の名前を尋ねられたときに、用いられた表現です。「エゴー・エイミ」その意味は、「在りて在る者」、すなわち世の初めから存在する者、と言う意味です。造られずして、最初から存在される御方、すなわち、無から全ての物を創造なさった御方、言い直すなら、永遠の聖なる神御自身であるとおしゃっているのです。「『エゴー・エイミ』わたしは、復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる。

主イエスは、ラザロの死を目の前にして、「心に憤りを覚え」られたと、聖書は記しています。この憤りは一体何に対してなのでしょうか?それは、「死そのもの」に対してなのです。神様は、人間を御自身のためにお造りになりました。神様と永遠に、豊かな交わりの中で生きるために創造なさったのです。そして、今主イエスは目の前の「死そのもの」と対峙し、憤りを覚えられたのです。

主イエスは、墓を覆っていた石を取り除けるように言われました。しかし、マルタは「四日もたっていますから、もうにおいます」と言いました。主イエスは言われました。「もし、信じるなら、神の栄光が見られると、言っておいたではないか。」そして、天の父なる神様に、願いが聞かれたことに対する、感謝の祈りを奉げ、「ラザロよ、出て来なさい」と大声で叫ばれました。すると、死んでいたラザロが、手足を布で巻かれたまま出て来たのです。

全ての人間は一度死ぬことと、死後に裁きを受けることが定まっています。しかし、主イエスは、在りて在る御方として、この死を滅ぼすため来られたのです。人間と神様の間を取り持つために、十字架の上に御自身を奉げ、私達の罪のために、死ぬために、来られました。イエス・キリストの打ち傷によって、私達が癒されるためです。イエス・キリストこそ、人類の唯一の救い主、復活であり、命である御方なのです。

このラザロの復活の記事は、救い主、イエス・キリストの奇跡の頂点として、描かれています。主イエス・キリストは、このラザロの復活の奇跡を通して、御自身こそが、神の御子であられること、そして、死を超えた領域にまで、主権を持っておられ、魂を呼び戻し、肉体を復活させ、命を与えることのできる御方だと、私達に教えてくださっているのです。

ラジオをお聞きの皆様も、どうか、このイエス・キリストを信じ、救いを得て下さい。イエス・キリストは語られます。

「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる。生きていて私を信じる者はだれも、決して死ぬことはない。」

関連する番組