自閉症児の豊かな世界 その2

キリストへの時間のトップページへ戻る

聖書の言葉

イエスはお答えになった。「本人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない。神の業がこの人に現れるためである。」

新約聖書 ヨハネによる福音書 9章3節

吉田実によるメッセージ

献(ささぐ)は重度の知的障害を伴う自閉症という障害を持った子供です。自閉症はコミュニケーションの障害ですから、意志を伝えあうことが困難ですので、しつけたりいろんな事を教えるということが大変難しいのです。いっしょに遊ぶということもなかなか出来無いのです。先週は、彼にそのような障害があるということを告げられたときに、そのことをなかなか受け入れられなかった心の葛藤と、一冊の本との出会いの中で教えられたことについてお話させていただきましたけれども、今朝は、私が彼の障害を受け入れるにあたって、一つの大きなきっかけを与えてくれたもうひとつの出会いについてご紹介したいと願っています。

それは一つの詩との出会いです。エドナー・マシミラの「天国の特別な子供」という題の詩です。私は学生時代、当時看護学校に通っておられた友人からこの詩を教えていただき、「ステキな詩だな」と思って教会の青年会の会報に紹介をしました。もうずっと前のことですので、そんなことはすっかり忘れていたのですけれども、昔の物を整理していた私の母親がそれを発見しまして、「あんた、まるで献が生まれることが分かっていたようなことを学生時代に書いていたんやね。不思議やねぇ」と言って、その会報を持ってきてくれたのです。

それはこういう詩です。

天国の特別な子供エドナー・マシミラ

会議が開かれました

地球からはるか遠くで

「また、次の赤ちゃん誕生の時間ですよ。」

天においでになる神様に向かって

天使たちはいいました

この子は特別な赤ちゃんで

たくさんの愛情を必要とするでしょう

この子の成長は

とてもゆっくりに見えるかもしれません

もしかして

一人前になれないかもしれません

そしてこの子は

下界で会う人々に

特に気をつけてもらわなければならないでしょう

もしかしてこの子は走らず笑わず

遊ばないかもしれません

この子の思うことは

誰にもわかってもらえないかもしれません

何をやってもうまくいかないかもしれません

そしてこの子は

一人前ではないと言われるでしょう

ですから私たちはどこに生まれるか

注意深く選ばなければなりません

この子の生涯が

満足すべきものであってほしいのです

どうぞ神様このこのために

こんな両親を探してあげてください

神様のために

特別な任務を引き受けてくれるような両親を

その二人はすぐには気づかないかもしれません

彼ら二人が

自分たちに求められている特別な役割を

けれども天から授けられたこの子によって

ますます強い信仰を

より豊かな愛をいただくようになります

やがて二人は自分たちに与えられた

特別な神の思し召しを悟るようになるでしょう

天から送られたこの子を育てることによって

平和でおだやかな二人の貴い授かりものこそ

天から授かった大変特別な子供なのです

私はこの詩をあらためて読みまして、素直に「献は神様が私たち夫婦に委ねてくださった特別な子供なのだ。」と思いました。そして、この子の人生にも神様の特別なご計画があり、確かな意味がある。献には献にしか出来ない、特別な役割が必ずある。そして私達の家族には、彼といっしょに歩むからこそ見ることが出来る風景があり、彼といっしょに歩むからこそ行ける場所が必ずあるのだと思うことが出来ました。もちろん様々な苦労はありますが、実際に彼を通して出会うことが出来た仲間達があり、そのステキな仲間達と、今小さな集いを続けています。同じような障害も持った子供達とお母さん達の集まりです。ハレルヤキッズスペシャルというのですけれども、毎月第二土曜日の午後に集まりまして、いっしょに賛美をしたり、聖書のお話をしたり、遊んだり、おやつを食べたりします。けれども、そもそも集まること、人といっしょに何かをすることが苦手な子供達の集いですから、集うこと自体が難しいですし、話し言葉をほとんど通常の仕方で理解することが難しい子供達が多いので、そんな子供達に聖書のお話をするにはどうしたらよいのかということもずいぶん悩みました。でも、彼らも神様の形に似せて造られた人間ですから、彼らは彼らなりのアンテナがあって、心をこめて分かりやすく話せば、何かが伝わるに違いないと信じています。まだまだ手探り状態の歩みですが、色んな違いを持った人たちがいっしょに礼拝をして、いっしょに生きるということはどうなのか。彼ら障害を持った子供達は、私たちに問いかけてくれているように思うのです。そしてそんな彼らを本当に大切にすることによって、私たち自身にも教えられ開かれてゆく大切なことがある。彼らの存在を通して、神様の業がそこに顕されるのだということを信じています。

関連する番組