迷い出た一匹の羊

キリストへの時間のトップページへ戻る

聖書の言葉

徴税人や罪人が皆、話を聞こうとしてイエスに近寄って来た。すると、ファリサイ派の人々や律法学者たちは、「この人は罪人たちを迎えて、食事まで一緒にしている」と不平を言いだした。そこで、イエスは次のたとえを話された。「あなたがたの中に、百匹の羊を持っている人がいて、その一匹を見失ったとすれば、九十九匹を野原に残して、見失った一匹を見つけ出すまで捜し回らないだろうか。そして、見つけたら、喜んでその羊を担いで、家に帰り、友達や近所の人々を呼び集めて、『見失った羊を見つけたので、一緒に喜んでください』と言うであろう。言っておくが、このように、悔い改める一人の罪人については、悔い改める必要のない九十九人の正しい人についてよりも大きな喜びが天にある。」

新約聖書 ルカによる福音書 15章1~7節

大野桂一によるメッセージ

ここで語られている羊飼いは、主イエス御自身であります。クリスチャンの方は何度も聞かれた話であり、初めて聞かれた方も、今読んだ内容は、すぐにお分かりの事と思います。

主イエスは迷い出た一匹の羊を忍耐深く諦めず捜され、見つけると親しい人々を集めて喜び合っておられます。

私は聖書を読み始めた頃、ここを読んでよく理解できませんでした。どうして野原に九十九匹を残して、一匹を捜されるのか。九十九匹が野獣に襲われたら、大変ではないか、一匹を捜したと言って、何故こんなにも大喜びをされるのか、一匹よりも九十九匹が大切ではないかと思ったのです。

主イエスがこの譬え話をされるきっかけは、徴税人や罪人が皆、話を聞こうとしてイエスに近寄って来た。すると、ファリサイ派の人々や律法学者たちは、「この人は罪人たちを迎えて、食事まで一緒にしている」と不平を言いだしたからです。ファリサイ派とは、ユダヤ教の一つの教派です。

イエスが話だけでなく、罪人と食事まで一緒にされている。食事を共にすることは、お互いに仲間として受け入れ合うことです。イエスが徴税人や罪人の仲間入りをされているのです。だからファリサイ派の人や律法学者は不平を言っているのです。このファリサイ派や律法学者に向けて、イエスは語られたのです。

ファリサイ派の人々は、神の掟を懸命に忠実に守り、自分たちだけが正しい神の民であると自認していたのです。その中で特に聖書の知識に詳しい人が、律法学者です。彼らは真面目でありますが、愛に欠け全く自己中心です。自分が正しいと神に認められれば良いのです。自分は正義派として他者を裁くのです。

罪人が一人でも神の御前で抹殺されるなら、天に喜びがあるとまで言っていたようです。

ここで罪人とは、意識的に掟を破った人もおりますが、貧しさや病の為、掟を守りたくても事情が許されぬ人等もたくさんいたのです。また当時のユダヤでは、重い皮膚病の人は、行いが悪い故に病気になっている、だから汚れていると罪人とされているのです。

徴税人とは、当時ユダヤはローマ帝国の支配下にあり、ローマに納める税金を請負ったユダヤ人で、彼らは、敵ローマの手先です。また、同胞から税金を徴収する時に、税金以上のお金を集め、甘い汁を吸っていましたから、罪人とみなされたのです。

ファリサイ派、律法学者たちは、罪人と交われば、自分たちも汚れると考え、罪人と交わる主イエスを非難したのです。神の民として、自分たちだけは正しく生きている、徴税人や罪人は、神から見放されて当然であると考えていたのです。

それなのに、主イエスは、彼らの常識に反するように、罪人たちと交わり、食事まで一緒にされていたのです。

ここで主イエスは、ファリサイ派、律法学者の人々に、あなたたちは本当に神の民かと問われているのです。

創世記によると、神は人をご自分と交わりを持つ者として、神の姿に似せる為に、ご自分の息を、霊を人に吹き込まれ、人は魂を与えられ、神と交わる者として創造されました。神と交わり、神を愛し隣人を愛するように、人は創造されたのです。

しかし、最初の人アダムが、神の言葉に逆らい、罪を犯して神との交わりを絶たれてしまいました。ですから生まれながらの私たちすべては、神との交わりがなく、自己中心で自分の利益を最優先する、エゴ持つ罪人として生まれてくるのです。神でさえ自分の都合よい神を作るのです。

そのような罪人である私たちが、ファリサイ派のように、いかに神の掟を守り、自分で神の民になろうと精進しても、自分のエゴのために、完全には神の掟を全う出来ず、自分の力では、全く正しく聖い神の民となることは不可能なのです。

すべての人は、神から罪を赦していただく必要があるのです。

神は、罪人の私たちを、なお愛してくださり、2000年前に、独り子イエスをこの世に遣わされ、罪なきイエスに私たちの罪をすべて担わせ、十字架に架け、私たちの罪を、すべて処分して下さいました。このイエスの贖いの十字架を信じる者は、罪は既に処分済みであり、神は、罪のない者と見做してくださり、神との交わりを回復し、神の民として下さるのです。

徴税人も罪人も、自分の力で神の民になろうと精進するファリサイ派、律法学者も、現在生きている私たちも、すべて神から迷い出た羊でしかないのです。

主イエスは、神から迷い出ている私たち一人一人に、「私を信じて罪なき者として神との交わりを回復して欲しい」と、愛をもって、迷い出ているあなたを、今も捜し求めておられるのです。

関連する番組