同じ物語を生きる

キリストへの時間のトップページへ戻る

聖書の言葉

ヤコブよ、あなたを創造された主は、イスラエルよ、あなたを造られた主は、今、こう言われる。恐れるな、わたしはあなたを贖う。あなたはわたしのもの。わたしはあなたの名を呼ぶ。

旧約聖書 イザヤ書 43章1節

吉田実によるメッセージ

今朝も聖書の御言葉からお話をさせていただきます。先週は、ユダヤの羊飼いが自分の羊に1匹1匹名前を付けてその名を呼んで連れ出すように、イエス・キリストは真の羊飼いとして私たちを深く憐れんでくださって、私たち一人一人の名を呼んでくださるというお話をいたしました。聖書の神様は私たち人間を十把一からげに扱われるのではなくて、一人一人を大切にしてくださって、その名前を呼んでくださる神様なのです。かつてアブラハムの名前を呼び、イサクの名前を呼び、ヤコブの名前を呼び、契約を新たにしてくださった神様が、イエス・キリストを通して私たちの名前をも呼んでくださるのです。そしてそのことに気が付いて「はい」と返事をした人は、同じように返事をしてきた人たちの歴史に連なって、この聖書の物語を共有する者とされます。そしてこの物語の続きを生きる者とされるのです。

私はこの数年間、毎年のように高校の同窓会に出席しています。4年程前に、50歳になった記念の大きな同窓会が開かれまして、それが楽しかったので、毎年集まろうということになりまして、今年も「塩谷」にある異人館を借り切って同窓会が開かれました。そしてこの同窓会に参加しながら思いましたことは、過去に「共通の物語がある」ということは、掛け替えのない特別な関係にあるということなのであって、それはとても素敵なことだということです。16歳17歳くらいの時に3年間同じ学校で過ごしたというだけなのですけれども、同じ環境の中で同じ空気を吸いながら共に過ごした体験があるということは、決して小さなことではないと思うのです。もう30数年前の事なのですけれども、例えば部活動で、私は剣道部だったのですが、1年の時に試合で負けて全員丸坊主にされたとか、文化祭や体育会の後のお祭りでバンド演奏をして、大きな音を出しすぎてヒューズが飛んでしまったとか、そういう他相のない経験なのですけれども、そういう話をし出しますと、「そうそう、あのときはこうだった!」と、30数年の時を超えて、当時の感覚が蘇るのです。同じ物語を共有しているからです。そしてそういう同じ物語りを共有して、その物語の中でそれぞれの役割を演じた友人たちとの関係は、かけがえのない、誰とも交換することができない、唯一無二の関係なのです。あの時バンドでギターを弾いていたのは米田てっちゃんなのであって、ドラムをたたいていたのは森脇君なのであって、他の誰でもないのです。そしてそういう同じ物語を共有している友人たちとの再会の中で、それぞれの物語の続きが、また動き始めています。それはとても素敵なことだと感じています。

同じように、真の羊飼いなるイエス・キリストがこの私の名前を呼んでくださっているということに気がついて「はい」と返事をした瞬間に、私たちはこの聖書の中に記された物語を共有する者たちとなるのです。何もないところに「光あれ」という言葉が響き渡った時に、そこに光があったという、そこから始まりました壮大な、神様の創造と救済の物語が、私の物語となり、皆さんの物語となるのです。そして、この物語を共有しながら、この物語の続きがさらにこの歴史の中で実現して行くために、私たちはそれぞれの役割を果たしてゆくのです。真の羊飼いによって養われ、守られながら、共に食卓を囲みながら、同じゴールを目指して共に歩むのです。それが、クリスチャンになるということです。そしてこの関係の中で、皆さんの代わりが出来る人は一人もいません。皆さんは「いてもいなくても変わらない、群衆の中の名もない一人、砂浜の砂の一粒」ではなくて、誰とも交換することが出来ない、掛け替えのない、唯一無二の、大切な存在なのです。そしてこの関係の中では、たとえみなさんが少々気難しかろうと、病弱であろうと、障がいがあろうと、失業中であろうと、メールの返事が遅かろうと、全く関係ありません。そんなことで人が排除されるということがないのです。「わたしはわたし」なのであって、「わたしの代わりはどこにもいない」からです。この「神の羊たちの群れ」、「神の家族」。それがキリストの教会です。真の羊飼いなるイエス・キリストはいろんな仕方で皆さんの名前を呼んでくださいます。そしてヨハネによる福音書10:4には「羊はその声を知っているので、ついて行く」と書かれています。この日曜日の朝に、もう少し朝寝坊することも出来たと思います。また、起きてテレビをつけることも出来たでしょうし、散歩に出かけることも出来たと思います。でもそうはしないで、今このラジオを聞いてくださっている皆さんの名前を、実は真の羊飼いなるイエス・キリストが呼んでくださっているのです!そのことに気が付いて、「はい!」と返事をするなら、聖書にしるされている壮大な物語が皆さんの物語となり、同じ物語を共有する神の家族たちとの唯一無二の関係が始まります。そしてあなたの、一人ぼっちの孤独は終わるのです。

関連する番組