神の業が現れるため

キリストへの時間のトップページへ戻る

聖書の言葉

イエスはお答えになった。「本人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない。神の業がこの人に現れるためである。わたしたちは、わたしをお遣わしになった方の業を、まだ日のあるうちに行わねばならない。だれも働くことができない夜が来る。わたしは世にいる間、世の光である。」

新約聖書 ヨハネによる福音書 9章3~5節

後藤公子によるメッセージ

お元気でいらっしゃいますか。後藤公子です。

今日登場する人は生まれつき目が見えなかった人です。彼が言い知れない苦しみを味わっていたことは想像に難くありません。なぜ自分だけがこんなハンディを負って生まれてきたのだろうか、と考えたことでしょう。人々から辛さを理解されない孤独感は本人にしかわからないものです。彼は物乞いになりました。物乞いをすることだけが生きる道だったからです。しかしそのような暗く希望のない人生を歩んでいた彼に決定的な転機が訪れました。主イエスと出会ったからです。

あるとき、主イエスは通りすがりにこの盲人を見かけられました。弟子たちが尋ねました。「この人が生まれつき目が見えないのは、だれが罪を犯したからですか。本人ですか。それとも、両親ですか。」

弟子たちは、彼が何か悪いことをしたから、あるいは彼の両親が何か悪いことをしたから、こういう罰を受けているのだ、と考えました。これは当時の障がい者に対する一般的な見方でした。彼に何かの罪があって、その罰としてこうなったとなると、どうもおかしい、生まれたとき目が見えなかったのだから、彼には罪を犯す機会がなかった、それなら、この人の両親が罪を犯したのだろうか、と弟子たちは考えたようです。

すると、主イエスは予想もしない答えをされました。「本人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない。神の業がこの人に現れるためである。」主は、目が見えないという障がいが、罪に対する神の罰だとする社会通念を明確に否定されました。それだけではなく、障がいであれ何であれ、人間的に見ればマイナスと思える事のうちに神の良い目的がある、と教えられました。その良い目的とは神のみ業がその人の内に現されるということです。

主イエスはそう言われてから、地面につばをし、その唾で土をこねてその盲人の目にお塗りになられ、シロアムの池へ行って目を洗いなさい、と言われました。彼が言われた通りにしたとき、目が明き見えるようになりました。主イエスのつばとか、泥に何かご利益があって、見えるようになったのでしょうか。シロアムの池はエルサレムにある歴史的に由緒ある池です。その水に特別な力があって、そのような奇跡をもたらしたのでしょうか。そうではありません。主イエスは病人に手を触れられるだけで癒されたこともあるし、また離れたところからお言葉だけで癒されたこともあります。

三年余の公生涯のなかで、多くの病人や障がい者が主イエスに出会って癒されました。その目的は、癒しのみわざを通して、ご自身が神から遣わされた力あるメシアであることを、目に見える形で人々に証しされることでした。それは癒しを経験した者も、またその癒しのみ業を見た者も、共に主イエスを信じるためでした。癒しの究極の目的は、人々の霊的な目が開かれ、主イエスをメシアとして信じ、永遠の命を受けることでした。

生まれつき目の見えない人の目が開いたことは確かに大きな奇跡ですが、そのこと自体は決してゴールではありません。この出来事ののち、主イエスは癒された盲人に出会い、彼に言われました。「あなたは人の子を信じるか。」実はこの盲人が主イエスのお言葉に従って、目を洗うためにシロアムの池に言っている間に、主はその場を去られたので、目明きになった盲人が主イエスを見たのはこの時初めてだったのです。ただちに彼は「主よ、その方はどんな人ですか。その方を信じたいのですが」と言いました。彼は癒しを体験して、主イエスこそ神がお遣わしになられたメシアに違いない、とすでに確信していました。

主は言われました。「あなたは、もうその人を見ている。あなたと話しているのが、その人だ。」すると彼は、「主よ、信じます」と言ってひざまずきました。ひざまずくという行為は信仰の表現です。このとき彼は癒し主である主イエスに真正面に向き合い、個人的、また人格的な信仰を告白したのです。主イエスは弟子たちにすでに語っておられました。「本人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない。神の業がこの人に現れるためである。わたしたちは、わたしをお遣わしになった方の業を、まだ日のあるうちに行わねばならない。わたしは世にいる間、世の光である。」

主イエスは神に遣わされてこの世に来られました。それは神の業を行うためでした。神の業とは盲目だった者の目が開かれて、霊的に見えるようになることでした。主イエスとの出会いを通して、彼の霊の目が開かれた、ということは全く異なる視点が与えられたということです。それは、それまで見えていなかった新しい事実を知ったことを意味します。その事実とは何でしょうか。この盲人は、神を信じていなかったか、あるいは、神がおられるとわかっていても、自分とは無関係だと思っていたことでしょう。しかし霊の目が開かれたとき、神が彼の人生に主イエスを通して深く介入されていることを知りました。そして彼に救いを与えるために主イエスを遣わされたことを知ったのです。そのようにして神のみ業が豊かに現されました。主イエスは世の光として来られました。盲人が経験したと同じように、霊的に盲目で暗闇のなかにいる私たちの目を開き、新しい人生を歩むことができるようにしてくださる救い主です。

関連する番組