今日は、ぜひあなたの家に泊まりたい

キリストへの時間のトップページへ戻る

聖書の言葉

イエスはその場所に来ると、上を見上げて言われた。「ザアカイ、急いで降りて来なさい。今日は、ぜひあなたの家に泊まりたい。」ザアカイは急いで降りて来て、喜んでイエスを迎えた。

新約聖書 ルカによる福音書 19章5~6節

金昭貞によるメッセージ

今日のお話には、ザアカイという人が出てきますけれども、ザアカイは徴税人でした。徴税人については先週も申し上げましたが、当時、ユダヤ人はローマ帝国の支配下にあったので、ローマ帝国に税金を納めなければなりませんでした。このローマ帝国に税金を納める働きをしたのが徴税人です。ところが、徴税人たちは同族のユダヤ人から税金を徴収する時、必要以上の税金を取り立てて、一部を自分のものにして私腹を肥やしていました。特にザアカイは徴税人の頭でしたから、かなりのお金を儲(もう)けていたでしょう。ですから、ユダヤ人たちはそのようなザアカイに対して憤りを抱いていました。みんなは、ザアカイのことをとても嫌っていて、付き合おうとしませんでした。また、ザアカイはかなり背が低かったようです。すこしだけ背が低いというのではなく、子どものように非常に背が低かったようなのです。そのようなコンプレックスを持っていた徴税人ザアカイは友人もなく独りぼっちだったでしょう。

そのような日々を過ごしていたある日、ザアカイが住んでいたエリコの町にイエス様がお通りになりました。人々はイエス様を見るために道ばたで待ちました。ザアカイもうわさで聞いていたイエス様がどんなお方であるかを見ようとしました。しかし、みんなから嫌われているザアカイが、群衆の中に入り込むことは出来なかったでしょう。その上、背の低いザアカイは人々から遮られて、イエス様を見ることがまったく出来ませんでした。それで、ザアカイはいちじく桑の木に登りました。そして、イエス様がザアカイの登っていた木の前を通り過ぎようとしたその時、イエス様は足を止めました。そして、上を見上げて「ザアカイ、急いで降りて来なさい。今日は、ぜひあなたの家に泊まりたい」とおっしゃいました。今まで一度もイエス様と会ったことがないのに、イエス様はザアカイの名前を知っておられました。しかも、みんなから嫌われているザアカイの家にぜひ泊まりたいとおっしゃって下さったのです。それで、ザアカイは急いで降りて来て、喜んでイエス様を迎えました。人々は、イエス様がなぜ罪深いザアカイの家に泊まろうとしているのかとつぶやきました。しかし、ザアカイは「主よ、私は財産の半分を貧しい人々に施します。また、だれかから何かだまし取っていたら、それを4倍にして返します」と言いました。ザアカイは、以前は人々のお金を横領していましたが、これからは自分の全財産の半分を貧しい人々に施し、だまし取ったものを4倍にして返すと誓っているのです。どうして、ザアカイはこのように変わったのでしょうか。それは、イエス様が自分の家に泊まってくださるということでこのように変わったのです。

私たちは心の状態を表現する時「心を開く、閉ざす」「心が狭い、広い」あるいは「心に留まる」など「家」と関係する言葉を使いながら、心を「家」にたとえる時があります。色んな形の家があるように、人にもそれぞれ異なった形の「心の家」があるでしょう。そして、人はみんな自分の心の家を立派に建てようとします。広くて居心地のいい、誰でもいつでも入れるような立派な家を造りたいと思っています。では、ザアカイはどうだったでしょうか。徴税人ということで人間関係がうまくいかない、背が非常に低いという、どうしようもないコンプレックス、またそのような自分を無視する人々を許せない気持ち、隠したい色んな罪などで心の家がいっぱいになっていたのではないでしょうか。いくらお金をたくさん持っていても、崩れつつある心の家を修理することは出来ず心の扉を閉めていたのではないでしょうか。しかし、その時、イエス様はザアカイに「ザアカイ、急いで降りて来なさい。今日は、ぜひあなたの家に泊まりたい」と声をかけてくださいました。イエス様はザアカイの名前を知っておられました。イエス様はこの世が始まるずっと前からザアカイを知っておられたのです。このイエス様の御声を聞いたザアカイは心の扉を開いてイエス様を迎え入れました。そして、イエス様を心の家に迎え入れたザアカイはイエス様の十字架の恵みによってすべての罪から救われ、もう罪人ではなく神の子どもとして認められました。イエス様がザアカイの心の家に泊まってくださったその日、救いがザアカイの家に訪れたのです。主の恵みによって悔い改めたザアカイは不正で儲けた財産の半分を人々に施し、だまし取ったお金を4倍にして返すようになったのです。人々から疎外され、遮られて登っていたいちじく桑の木から降りて来たザアカイは隣人の中に入ることが出来るようになったわけです。

新改訳聖書のヨハネの黙示録3章20節でイエス様は「見よ、わたしは、戸の外に立ってたたく。だれでも、わたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしは、彼のところにはいって、彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をする」とおっしゃっています。つまり、イエス様は、あなたの戸の外に立って、扉をたたいておられます。あなたの名前を呼びながら「今日は、ぜひあなたの家に泊まりたい」と声をかけておられるのです。今、ラジオを聞いておられる皆様、今日、あなたの心の扉をイエス様に開いてみませんか。

関連する番組