賜物

キリストへの時間のトップページへ戻る

聖書の言葉

「天の国はまた次のようにたとえられる。ある人が旅行に出かけるとき、僕たちを呼んで、自分の財産を預けた。それぞれの力に応じて、一人には5タラントン、一人には2タラントン、もう一人には1タラントンを預けて旅に出かけた。早速、5タラントン預かった者は出て行き、それで商売をして、ほかに5タラントンをもうけた。同じように、2タラントン預かった者も、ほかに2タラントンをもうけた。しかし、1タラントン預かった者は、出て行って穴を掘り、主人の金を隠しておいた。さて、かなり日がたってから、僕たちの主人が帰って来て、彼らと清算を始めた。まず、5タラントン預かった者が進み出て、ほかの5タラントンを差し出して言った。『御主人様、5タラントンお預けになりましたが、御覧ください。ほかに5タラントンもうけました。』主人は言った。『忠実な良い僕だ。よくやった。お前は少しのものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ。』次に、2タラントン預かった者も進み出て言った。『御主人様、2タラントンお預けになりましたが、御覧ください。ほかに2タラントンもうけました。』主人は言った。『忠実な良い僕だ。よくやった。お前は少しのものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ。』ところで、1タラントン預かった者も進み出て言った。『御主人様、あなたは蒔かない所から刈り取り、散らさない所からかき集められる厳しい方だと知っていましたので、恐ろしくなり、出かけて行って、あなたのタラントンを地の中に隠しておきました。御覧ください。これがあなたのお金です。』主人は答えた。『怠け者の悪い僕だ。わたしが蒔かない所から刈り取り、散らさない所からかき集めることを知っていたのか。それなら、わたしの金を銀行に入れておくべきであった。そうしておけば、帰って来たとき、利息付きで返してもらえたのに。さあ、そのタラントンをこの男から取り上げて、10タラントン持っている者に与えよ。だれでも持っている人は更に与えられて豊かになるが、持っていない人は持っているものまでも取り上げられる。この役に立たない僕を外の暗闇に追い出せ。そこで泣きわめいて歯ぎしりするだろう。』」

新約聖書 マタイによる福音書 25章14~30節

吉田謙によるメッセージ

イエス様は、多くのたとえ話を語られました。たとえ話というのは、誰もがよく知っている身近なものや事柄を用いて語られます。今、お読みした聖書の箇所は、ある家の主人が、旅に出るにあたって、僕(しもべ)たちにお金を預けた、というたとえ話の一部です。この主人はある人には5タラントン、ある人には2タラントン、ある人には1タラントンを預けて旅に出た、と言うのです。この「タラントン」というのは、当時のお金の単位でした。主人が帰ってくるまでの間に、それぞれの僕が、この預けられたお金をどのように用いたかということが、このたとえ話のポイントになっています。

このたとえ話に登場する3人の僕たちの姿は、私たちの姿と言えるでしょう。私たちは、主人である神様から、それぞれのタラントンを預けられて、この人生を歩んでいるのです。そして、この「タラントン」は、私たちがこの人生を生き抜くために神様から与えられている「資本」「元手」「賜物」を言い表しています。

さて、5タラントンを預けられた僕は、それを元手に商売をして、ほかに5タラントンをもうけました。2タラントンの僕も同じように、ほかに2タラントンの利益をあげました。しかし1タラントンを預けられた僕は、それを生かして用いようとはせず、地面に穴を掘ってそれを埋めておきました。そして、主人が帰ってきた時には、そのお金をそのままお返ししたのです。主人は、この1タラントンの僕に対して、「怠け者の悪い僕だ」と言って叱りつけました。何故でしょうか。それは彼が儲けをあげなかったからではありません。この主人の怒りは、彼が自分に預けられた元手を用いようとしなかったこと、それを生かそうとしなかったことに向けられています。

この3人目の僕に預けられた1タラントンというのは、当時の普通の労働者の20年分の賃金に相当する、と言われます。今のお金に換算したならば、数千万円、もしかすると一億円に達するかもしれません。いずれにしても、それを一度にポンと与えられたならば、普通なら舞い上がってしまうような金額です。彼はそれだけのものを与えられたのです。けれども、彼は不満でした。何故でしょうか。それは、そのタラントンを他の人と見比べたからです。「他の人には5タラントンや2タラントンが与えられているのに、自分にはたった1タラントンしか与えられていない!」彼はそう思ったのでした。このことは、人との比較において、私たちがいかに、自分に与えられている賜物、よいものを見失ってしまうか、ということをよく言い表していると思います。1タラントンは、客観的に見れば、素晴らしい賜物なのです。決して、はした金ではありません。それを生かして用いるならば、必ず豊かな実を結ぶはずなのです。神様は私たち一人一人に、どんなに少ない者であっても、そういう素晴らしい賜物を与えていて下さいます。ところが私たちは、自分に与えられているものを、ついつい人のものと見比べてしまうのです。そうすると、途端に自分のものが色褪せて見えてしまいます。そして、ついには自分に与えられているものを喜べなくなり、不平不満に終始してしまうのです。これは誰にでも起こり得ることでしょう。客観的に見れば、素晴らしい賜物が豊かに与えられていて、「あれだけ与えられていれば、きっと不満などないだろう」と思えるような人であっても、上を見ればきりがないのです。人との比較を始めれば、やはり劣等感を覚えて、不平不満に陥ってしまいます。

確かに、人生の条件において、自分よりも恵まれた人、より豊かな賜物が与えられている人は沢山いるのだと思います。そういう意味では、神様は人間を決して平等には造っておられません。人それぞれに違ったものを与えておられます。しかし、それは人よりも賜物が少ないと感じている自分が、「神様に愛されていない」「軽んじられている」ということではないのです。私たちは、自分に与えられている1タラントンが、素晴らしい賜物であり、それを生かして用いて行くならば、必ず豊かな実りが生み出されていくことをしっかりと覚えておかなければなりません。

私は子どもの頃から劣等感の固まりのような人間でした。弟に嫉妬し、友人に嫉妬し、どうして自分だけがこんな駄目な人間なのだろうかと、いつもイジイジと考えているような子どもでした。大人になってからは、いつも劣等感にさいなまれるということは無くなりましたけれども、しかし時々、人を見て落ち込んでしまうことがあります。そういう私の目を開いてくれたのが、今日の譬え話でした。神様が期待しておられることは、1タラントンを預かった私が2タラントン分の仕事をすることではなくて、1タラントン分の仕事をしっかりとやり遂げることでした。そのことを知った時に、私は随分と気が楽になったことを、今でもよく覚えています。そのことをもっと早く知っていれば、自分が2タラントン分のことができないからと言って、落ち込むことも、自信を失うこともなかったのだと思います。

おそらく私たちの多くは、1タラントンの賜物をいただいている主の僕ではないかと思います。しかし私たちは、2タラントンもらっている人の真似をしようとしたり、5タラントンもらっている人の才能をうらやんだり、自分には何もできない、自分は無価値な人間ではないかと僻んだりしてはいないでしょうか。主が期待しておられるのは、人と同じ事をすることではありません。自分の力以上に大きな事をすることでもない。そうではなくて、自分の賜物に忠実に、そして精一杯生きることなのです。

関連する番組