何によって生きるか?

キリストへの時間のトップページへ戻る

聖書の言葉

イエスはお答えになった。「『人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる』と書いてある。」

新約聖書 マタイによる福音書 4章4節

宮﨑契一によるメッセージ

今朝も、聖書の中にあるイエス・キリストの言葉をご一緒に見たいと思います。キリストは、「人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる」と言われました。

人はパンだけで生きるものではない、とあります。私たちは、自分たちが毎日の生活をする中で、何となくこのように考える時があるのではないでしょうか。毎日の中で、単に食べるもの以上に本当に自分を生かすものはないだろうか、こういうことを考えることがあるのではないでしょうか。もちろん、パンなどの食料を食べて生活をすることは、私たちが生きるために必要なものです。これがなければ、文字通り、私たちは生きていくことはできません。

ただ、ここでキリストが語ることは、それ以上のパンのことです。私たち一人一人を本当に養い、生かすものことです。そういう私たちを生かすまことのパンを、聖書の神は、私たち一人一人に差し出しだしておられるのです。

私たちの多くは自分たちが毎日食べていくために、精一杯働いていると思います。もちろん、そのことは生きていくためには必要なことです。そのことを止めてしまいなさいと、ここで言われているのではありません。ただ、ここでキリストが言われていることは、あなたたちは、ただ自分たちの食べ物のことだけで終わってはいけない、ということです。自分たちがただパンを食べて生きる、そのことだけになってしまってはいけない、と言われるのです。

イエス・キリストは「人は神の口から出る一つ一つの言葉で生きる」と言われました。神の口から出る、神の言葉によってこそ人は生きるのだ、と言われます。神の口から出る言葉によって生きるということは、その言葉を語られる神によって人は生かされるということです。

私たちは誰でも、ただ自分だけで生きることはできません。例えば、毎日の生活の中では、家族の支え、友人の支え、そういういろいろな支えがあります。いずれも、私たちにとってはかけがえのないものです。けれども、聖書が示しているのは、いつもそれ以上の支えです。一番あなたを支えるもの、一番あなたを生かすもののことです。それは、救いと言って良いものです。私たちの目に見える生活以上の幸いを、いつも聖書は示しています。

イエス・キリストは聖書の中でこういうことを言われました。「わたしが命のパンである。わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者は決して渇くことがない」。

イエス・キリストは、御自分が命のパンである、と言われました。このキリストがまことのパンである、と言われます。このパンは、私たちがそれを信じ受け取れば、私たちの中で決して飢え渇くことのないものです。いつも私たちを支え、私たちを養い、私たちを生かすものです。ただこのキリストだけを心に思い、ただこのお方だけを受け取って、私たちは本当に生き続けることができるのです。

今日の聖書の言葉に出てきました、神の口から出る一つ一つの言葉は、ことごとく、このイエス・キリストという救い主を指し示すものです。イエスは十字架にお掛になる前の食事の時に、パンを取って弟子たちに与えて、こう言われました。「取って食べなさい。これはわたしの体である」。

パンを取って弟子たちに与え、取って食べなさい、これはわたしの体である、と言われる。ここでイエスが言われていることは、あなたがたのためにこれから十字架にかかるわたしを、受け取りなさい、というメッセージです。

私たちの多くは、この世の中に生きる中で、ただ自分たちの食べるパンのことだけで精一杯になり、いろいろとこの先を考えては思い悩みながら生きている、そういうことが多いと思います。そして、ただそのように生きることに、自分自身が疲れ果ててしまうこともあるはずです。

イエス・キリストは、私たちの全てを背負って十字架に掛かり死んでくださり、そこから甦ってくださいました。私たちがただこのキリストを信じ受け取って、ただこの方に全ての重荷を委ねて、この甦りの命に生きるようにと聖書は私たちに語りかけます。

昨年一年間のニュースを振り返ってみても、本当に悲惨な事件や事故は後を絶ちませんでした。互いに激しく憎み合って命を奪うことや、家族関係が崩壊してしまったこと、また世界では本当に悲惨な多くの人たちの命が奪われる戦いも依然として続いています。私たちが、この大きく揺れ動く世界の中で、何を信じ、何によって本当に生きるのか、このことが大きく問われているように思います。

キリストが私たちに示してくださった新しい歩みは、私たち本当に罪ある人間が、心から神を愛し、隣人を愛し仕えていく、そのように新しく生きることのできる幸いです。人はただのパンだけで生きるような単純な者では決してありません。神の言葉によって生かされ、イエス・キリストに養われる深い存在です。ラジオを聴いておられる皆さんが、まことのパンであるキリストを受け取って、このお方に自分の全てを明け渡して、信じ受け入れることを願っています。

関連する番組