キリストのもとへ

キリストへの時間のトップページへ戻る

聖書の言葉

するとナタナエルが、「ナザレから何か良いものが出るだろうか」と言ったので、フィリポは、「来て、見なさい」と言った。

新約聖書 ヨハネによる福音書 1章46節

金原義信によるメッセージ

今日はナタナエルという人とイエス様の出会いを通して、イエス様があなたを招いておられることを、お話したいと思います。

ナタナエルの前に、イエス様はフィリポという人に出会って「わたしに従いなさい」と言われました。その言葉に従ったフィリポが、今度はナタナエルという人を誘いました。その時のナタナエルとフィリポのやりとりが今お読みした聖書の言葉です。

フィリポとイエス様とのやりとりについては何も書いてありません。ただ、従いなさいと言われて従っただけです。そしてナタナエルに声をかけたことが記されます。しかしそこにはフィリポがイエス様のもとで信じたことが記されます。旧約聖書に予告され、ユダヤの人たちが待ち望んでいた救い主、それはナザレの人で、ヨセフの子イエスだ、というのです。そのことをナタナエルに伝えて、イエス様のところへ誘ったのです。

ところがナタナエルはすぐに行こうとしませんでした。「ナザレから何のよいものが出るだろうか」。これはどういうことでしょうか。当時のユダヤでは、ナザレのあるガリラヤ地方は都エルサレムから見て、低く見られていました。マタイ福音書には「異邦人のガリラヤ」という言葉が出て来ます。そのような背景を考えることが出来ます。ともかくイエスという方の出身を聞いて、そんな所から救い主メシヤが現れるはずはないと考えたのです。ここには、実際に会う前から、こんなものだと自分で判断してしまう先入観があります。丁度、聖書のメッセージを聞く前から、あるいは礼拝に行く前から、キリスト教とはこのようなものだ、だから、期待できるのはこの程度、と決めてしまうようなものです。

フィリポはこれに対していろいろ説明したのではなく、「来て、見なさい」と言いました。それでナタナエルはフィリポの言葉に促されてイエス様の所に行ったのです。

そこでナタナエルが見たのは、自分の予想を超えた事でした。47-48節です。

「イエスは、ナタナエルがご自分の方へ来るのを見て、彼のことをこう言われた。『みなさい。まことのイスラエル人だ。この人には偽りがない。』ナタナエルが、『どうしてわたしを知っておられるのですか』というと、イエスは答えて、『わたしは、あなたがフィリポから話しかけられる前に、いちじくの木の下にいるのを見た』と言われた。」

ナタナエルはイエス様がどんな人か見てみようと思って行ったことでしょう。本当にフィリポが言うような人かどうか、こちらが見る・見極める、判断するつもりだったのでしょう。ところがその前からイエス様はすでにナタナエルの事を見ておられた。しかも自分の事をとてもよく知って理解して下さっている。その判断はとても好意的で、自分にあたたかいまなざしを向けて下さっていることがよく分かる。このお方は、自分の予想をはるかに超えたお方、神の子だというほかはない。

イエス様はさらに言われます。「もっと偉大なことをあなたは見ることになる」。「はっきり言っておく。天が開け、神の天使たちが人の子の上に昇り降りするのを、あなたがたは見ることになる。」

イエス様を信じる人は、イエス様を通して、自分が天の御国にまで至る道を歩ませていただくことを見るというのです。こんなところに神の救いがあるとは思えなかった。けれども聖書のメッセージを聞いてみる、教会の礼拝に行って見る、それが出来ない状況なら、教会に連絡をして関わりをもっていく。そのようにしてイエス様の所へ行く、そうすると、イエス様が私の人生をはじめから見ておられ、自分のことを良く知っておられることが分かってくる。しかもイエス様を通して神様が人生を導いて下さり、この世で終らない永遠の祝福を生きる恵みを、見せて下さるのです。

この恵みをみなさんと一緒に見たいと心から願っています。

「来て見なさい」、これはイエス様からあなたへの、招きの言葉でもあるのです。

関連する番組