神の愛の深さ

キリストへの時間のトップページへ戻る

聖書の言葉

また、イエスは言われた。「ある人に息子が二人いた。弟の方が父親に、『お父さん、わたしが頂くことになっている財産の分け前をください』と言った。それで、父親は財産を二人に分けてやった。 何日もたたないうちに、下の息子は全部を金に換えて、遠い国に旅立ち、そこで放蕩の限りを尽くして、財産を無駄使いしてしまった。何もかも使い果たしたとき、その地方にひどい飢饉が起こって、彼は食べるにも困り始めた。それで、その地方に住むある人のところに身を寄せたところ、その人は彼を畑にやって豚の世話をさせた。彼は豚の食べるいなご豆を食べてでも腹を満たしたかったが、食べ物をくれる人はだれもいなかった。そこで、彼は我に返って言った。『父のところでは、あんなに大勢の雇い人に、有り余るほどパンがあるのに、わたしはここで飢え死にしそうだ。ここをたち、父のところに行って言おう。「お父さん、わたしは天に対しても、またお父さんに対しても罪を犯しました。もう息子と呼ばれる資格はありません。雇い人の一人にしてください」と。』そして、彼はそこをたち、父親のもとに行った。ところが、まだ遠く離れていたのに、父親は息子を見つけて、憐れに思い、走り寄って首を抱き、接吻した。息子は言った。『お父さん、わたしは天に対しても、またお父さんに対しても罪を犯しました。もう息子と呼ばれる資格はありません。』しかし、父親は僕たちに言った。『急いでいちばん良い服を持って来て、この子に着せ、手に指輪をはめてやり、足に履物を履かせなさい。それから、肥えた子牛を連れて来て屠りなさい。食べて祝おう。

この息子は、死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったからだ。』そして、祝宴を始めた。」

新約聖書 ルカによる福音書 15章11~24節

乾 順によるメッセージ

今読みました聖書の箇所は、イエス・キリストのたとえ話の一つで、「放蕩息子のたとえ」と言われています。今朝はこのたとえ話から、神様の愛の深さについてご一緒に学びたいと思います。

「ある人に息子が二人いた」という言葉でたとえがはじまります。そして弟は、自分のもらうべき財産をお父さんにもらい受けた後、遠い国に旅立っていきます。当時の習慣では、息子は父親の生きているうちに遺産に当たる部分を要求できたそうです。

さて、家を出て遠くの国に出て行った弟は、そこではじめて自分の弱さを痛感することになります。「放蕩の限りを尽くして、財産を無駄遣いしてしまった」と書かれているように、まず、欲望をコントロールできない自分というものを知ります。子どもが手当たりしだい、自分に興味のあるものを求めるように、快楽にのめり込んでいきます。心の底からこみ上げてくる欲望を抑えることができないのです。確かに私たち人間にとって自分のうちにある欲望を抑えるのは難しいことです。弟は、そうした現実が自分の中にもあることを知ったのです。

そんな時、ひどい飢饉がおこって、彼をどん底の生活に落としました。弟は、生きていくことの厳しさを知りました。人間が生きていくためにどんなに努力をしても、その努力を一瞬のうちに吹き飛ばしてしまう現実があることを知らされます。

今日でも不況の嵐、災害などが容赦なくわたしたち人間を襲ってきます。それは生きるための私たちの切なる願いを無惨に打ち砕いてしまいます。弟は財産も人間としての品格も失ってしまい、豚と共に生活をするという屈辱の中に置かれてしまいます。

当時のイスラエル人にとって、豚は飼うことを禁じられていた動物だったのです。そしてさらにどん底に落ちた弟はもう一つ厳しい現実を味わうことになります。「彼は豚の食べるいなご豆を食べてでも腹を満たしたかったが、食べ物をくれる人はだれもいなかった。」(16節)ということです。すなわち、人間の冷たさに直面させられたのです。私たち人間は、自分の生活で精一杯です。思いはあっても、他人の生活を顧みるゆとりがありません。

弟は今まで父親のもとにいて、人生を甘く見てきました。しかし現実は弟が期待していたほど甘くはありませんでした。弟は、こうして、人間の限界と自分の弱さを知ったのです。それと同時にそのような中で、父の愛の深さに気づかされたのです。「そこで、彼は我に返って」(17節)と書いてあります。自分の存在も、いのちも、お金も、物もすべては父から与えられたもので、父の中に無限の愛があることを本当に知るのです。そして自分の生命の源である父のもとにもう一度帰ろうと立ち上がります。

イエス・キリストがこのたとえ話で語っておられる「父」というのは神様のことです。弱い人間を支え、養って下さるのは父である神様なのです。父でいます神様は大きな愛を持って、ご自分のもとに帰ってくる私たちをいつでも迎えて下さいます。私たちがどんに罪があっても、どれほど失敗しても、ありのままの姿であたたかく喜んで迎えて下さる神様がおられるのです。あなたもこの愛の神様のもとに帰ってこられませんか。

関連する番組