日本キリスト改革派教会とは

キリストへの時間のトップページへ戻る
教会で祈りをささげる女性のイメージ写真

日本キリスト改革派教会とは

ラジオ関西「キリストへの時間」は日本キリスト改革派 西部中会がスポンサーとなり、番組の制作と放送を担当しています。日本キリスト改革派教会とは1946年に発足した伝統的なプロテスタント教会です。その名の通り、常に自分自身を改革して続けていくことを目指していおり、全国各地に教会を持ち、毎週日曜日に礼拝を開いています。

「キリストへの時間」を聴いてキリスト教や教会に興味を持たれましたら、お近くの教会を訪ねてみてください。

日本キリスト改革派教会について

改革派教会は16世紀に教会の腐敗を改革した宗教改革に端を発するプロテスタント教会です。ルターと共に宗教改革の有力な指導者だったジャン・カルヴァンの流れを継承する教会で、長老派と呼ばれる教会も同じ流れです。地上の教会に完全無欠な教会は一つもありません。改革派教会はそのことを自覚しつつ、神の言葉である聖書の教えに沿って、常に自らを改革し続けることを志す教会です。

明治時代、日本で伝道をした宣教師たちの内の多くは改革派・長老派でしたが、建てられた教会が改革派を名乗ることはありませんでした。そして第二次世界大戦後の1946年に、改革派信仰を明確に標榜する「日本キリスト改革派教会」が数名の牧師・数個の教会により創立されました。現在は教会数142、会員総数約9,800人、北は北海道から南は沖縄に至るまで教会が建てられています。